コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最少養分律 さいしょうようぶんりつ

2件 の用語解説(最少養分律の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

最少養分律【さいしょうようぶんりつ】

最少律とも。植物の生育と無機養分(肥料)の関係について,1843年リービヒが提唱した法則。植物が健全な生育を営むためには,多種の無機成分が種類に応じて一定の割合で吸収される必要があるが,そのうち一成分が不足しても生育は悪くなり,たとえ他の養分が豊富に供給されていても植物は最も不足している養分によりその生育を支配されるという説。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さいしょうようぶんりつ【最少養分律 law of the minimum nutrient】

最少律ともいう。植物の無機栄養説を提唱したJ.F.vonリービヒは〈植物の生育はその植物に供給される諸養分のうち,その量が最少のものに制限される〉という説を唱えた。これはリービヒの最少養分律といわれ,植物の生育を制限している養分は最少養分といわれる。リービヒ以後,マイヤーA.MeyerやウォルニーM.E.Wollnyらによって養分に限らず植物の生育に関係する全因子についてこの説が成立し,最少の因子が生育を制限するとされ,最少律といわれるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の最少養分律の言及

【肥料】より

…最少養分をそのままにして他の成分を施してもあまり効果はない。これを最少養分律という。また一般に作物の収量は施肥量を増加させると高まるが,あまり多量に施すとそれほど効果は上がらなくなる(報酬漸減の法則)。…

※「最少養分律」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

最少養分律の関連キーワード最少律水耕法独立栄養生物無機栄養有機栄養化学合成無機栄養生物化学合成有機栄養生物独立栄養菌無機栄養菌無機栄養生物

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone