コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月とかがり火 つきとかがりびLa luna e i falò

3件 の用語解説(月とかがり火の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月とかがり火
つきとかがりび
La luna e i falò

イタリアの小説家チェーザレ・パベーゼの代表作。 1950年刊。刊行後4ヵ月にして著者は自殺。名も姓もない「私」 (この主人公にはキリストの相貌がある) が,真夏の聖母昇天祭の休暇に帰郷する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つきとかがりび【月とかがり火 La luna e i falò】

現代イタリアの作家C.パベーゼ長編小説。1950年4月刊。北イタリアの丘陵地帯ランゲを舞台にし,そこで捨子として育った主人公の〈ぼく〉が,レジスタンス期にアメリカへ逃れ,長じてから聖母昇天祭のころ,故郷へ戻ってきたときの回想の物語。全32章から成り,ブドウ畑に貧しく生きる農民の日常と過ぎ去ったばかりの戦争の傷跡が,パベーゼ独特の神話詩の手法で重層的に書きこまれている。再生の象徴としての月,聖ジョバンニの火祭り,天使の館に逗留(とうりゆう)する主人公,ナチスファシストの軍隊と激しい報復戦を丘のはざまに展開する抵抗運動,犠牲としての女パルチザン二重スパイ,火葬の煙など,神話と民俗学の要素が現実の相貌を担って活写される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月とかがり火
つきとかがりび
La luna ei fal

イタリアの詩人・小説家パベーゼの長編小説。1950年4月刊。その数か月後の作者の自殺が読書界に大きな衝撃を与えた。北イタリアの丘陵地帯ランゲを舞台に、孤児院に育ち、貧農の下男として成長した主人公が、レジスタンス期にアメリカに逃れ、聖母昇天祭のころ故郷へ戻ってきたときの回想の物語。戦争と大地、ブドウ畑と丘に流れた血、聖ジョバンニの火祭りと焼かれた二重スパイの女、貧しい農民と黒い衣裳(いしょう)の司祭など、過去と現在の事象を交錯させながら、いつの世にも繰り返される戦争の傷痕(しょうこん)を、神話詩の手法で重層的に描いている。[河島英昭]
『河島英昭訳『月とかがり火』(1977・晶文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone