コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月見野遺跡群 つきみのいせきぐん

大辞林 第三版の解説

つきみのいせきぐん【月見野遺跡群】

神奈川県大和市の目黒川流域に分布する旧石器時代遺跡群。広域調査により、石器群の層位編年や礫れき群・ブロックの構造が把握され、旧石器研究を進展させた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月見野遺跡群
つきみのいせきぐん

神奈川県大和(やまと)市下鶴間(しもつるま)所在の目黒川中流域に確認された17か所の先土器時代遺跡の総称。1967年(昭和42)末より明治大学考古学研究室によって八遺跡が調査された。立川ローム層中からは計10層以上の文化層が検出され、石器群の層位的な変遷が明らかにされ、先土器時代の編年を再検討する好資料となった。また、各文化層では石器が集中する部分(ブロック)や焼礫(しょうれき)の集中する部分(礫群)が把握された。これらのブロックや礫群の分析から、先土器時代の集落の成り立ちを明らかにする新しい研究方向が生み出された。[戸沢充則]
『月見野遺跡群調査団編『概報・月見野遺跡群』(1969・明治大学)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

月見野遺跡群の関連キーワード神奈川県大和市神奈川(県)先土器時代大和(市)野川遺跡礫群

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android