コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有為転変 ウイテンペン

デジタル大辞泉の解説

うい‐てんぺん〔ウヰ‐〕【有為転変】

《「ういてんべん」とも》仏語。この世の中の事物一切は因縁によって仮に存在しているもので、に移り変わっていくはかないものであるということ。「有為転変世の習い

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ういてんぺん【有為転変】

〘仏〙 世の中のすべてのものが絶えず変化して、しばらくの間も同じ状態にとどまることがないこと。有為無常。 「 -の世の中」 「 -は世の習い」 → 有為

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

有為転変の関連キーワードウェストバージニア州教育委員会対バーネット裁判グリンメルスハウゼンナジーブ・マフフーズニューヨーク・サン民主党の混乱と再生おもな四字熟語盛者必衰習い世間

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有為転変の関連情報