コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部達 はっとり たつ

2件 の用語解説(服部達の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部達 はっとり-たつ

1922-1956 昭和時代後期の文芸評論家。
大正11年2月13日生まれ。京都帝大独文科に在学中,学徒出陣で応召。戦後「現代評論」の同人となり,「第三の新人」に最初の理論づけをした「新世代の作家たち」を発表。つづいて遠藤周作らと「メタフィジック批評」を提唱,「われらにとって美は存在するか」をかく。昭和31年1月1日八ケ岳で自殺。33歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

服部達
はっとりたつ
(1922―1956)

評論家。東京生まれ。第一高等学校理科を経て京都帝国大学独文科に学ぶ。1953年(昭和28)『隊商』『現代評論』の同人となり、翌54年『新世代の作家たち』『堀田善衛(ほったよしえ)論』を発表、新進評論家として認められる。とくに前者は、いわゆる「第三の新人」の文学の、最初の理論づけとして注目された。続いて「メタフィジック批評」を提唱、55年『われらにとって美は存在するか』を書く。マルクス主義的文学観が主流をなしていた時代に、いち早く審美的批評方法の確立を意図したが、突然雪の八(やつ)ヶ岳で自殺を遂げた。[大久保典夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の服部達の言及

【第三の新人】より

…《文学界》(1953年1月号)に載った山本健吉の《第三の新人》が最初の紹介論文だが,当初は必ずしも前述の作家をさすものではなかった。服部達が《文学界》(1955年9月号)で〈劣等生・小不具者・市民〉を〈第三の新人〉の特色として挙げるにおよんでほぼ内容が定着した。すなわち社会性や思想性のつよかった戦後派作家に対して,日常生活のなかで弱者の意識,正義と無縁な小市民意識を基盤とする作風の持主として,前記の作家群を意味するにいたった。…

※「服部達」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

服部達の関連キーワード磯田光一十返肇村上一郎岡庭昇小原元川村二郎寺岡峰夫縄田一男武蔵野次郎森川達也

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

服部達の関連情報