コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部達 はっとり たつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部達 はっとり-たつ

1922-1956 昭和時代後期の文芸評論家。
大正11年2月13日生まれ。京都帝大独文科に在学中,学徒出陣応召。戦後「現代評論」の同人となり,「第三の新人」に最初の理論づけをした「新世代の作家たち」を発表。つづいて遠藤周作らと「メタフィジック批評」を提唱,「われらにとって美は存在するか」をかく。昭和31年1月1日八ケ岳で自殺。33歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

服部達
はっとりたつ
(1922―1956)

評論家。東京生まれ。第一高等学校理科を経て京都帝国大学独文科に学ぶ。1953年(昭和28)『隊商』『現代評論』の同人となり、翌54年『新世代の作家たち』『堀田善衛(ほったよしえ)論』を発表、新進評論家として認められる。とくに前者は、いわゆる「第三の新人」の文学の、最初の理論づけとして注目された。続いて「メタフィジック批評」を提唱、55年『われらにとって美は存在するか』を書く。マルクス主義的文学観が主流をなしていた時代に、いち早く審美的批評方法の確立を意図したが、突然雪の八(やつ)ヶ岳で自殺を遂げた。[大久保典夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の服部達の言及

【第三の新人】より

…《文学界》(1953年1月号)に載った山本健吉の《第三の新人》が最初の紹介論文だが,当初は必ずしも前述の作家をさすものではなかった。服部達が《文学界》(1955年9月号)で〈劣等生・小不具者・市民〉を〈第三の新人〉の特色として挙げるにおよんでほぼ内容が定着した。すなわち社会性や思想性のつよかった戦後派作家に対して,日常生活のなかで弱者の意識,正義と無縁な小市民意識を基盤とする作風の持主として,前記の作家群を意味するにいたった。…

※「服部達」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

服部達の関連キーワード安岡章太郎大久保典夫進藤 純孝

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android