コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第三の新人 だいさんのしんじん/だい3のしんじん

知恵蔵の解説

第三の新人

戦後文学」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいさんのしんじん【第三の新人】

昭和20年代後半に文壇に登場した安岡章太郎,吉行淳之介,庄野潤三,遠藤周作,小島信夫,阿川弘之三浦朱門らをいう。第1次戦後派および後続の新人につづく3番目の新人群という含みをもって用いられた。《文学界》(1953年1月号)に載った山本健吉の《第三の新人》が最初の紹介論文だが,当初は必ずしも前述の作家をさすものではなかった。服部達が《文学界》(1955年9月号)で〈劣等生・小不具者・市民〉を〈第三の新人〉の特色として挙げるにおよんでほぼ内容が定着した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だいさんのしんじん【第三の新人】

昭和20年代後半に登場した戦後派に続く世代の作家たちの総称。小島信夫・安岡章太郎・遠藤周作・吉行淳之介・三浦朱門・曽野綾子・庄野潤三ら。 → 戦後派

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第三の新人
だいさんのしんじん

第2次世界大戦後に登場した第1次と第2次の「戦後派」に続き,1952,53 (昭和 27,28) 年ごろから活躍し始めた新人作家たちの総称。安岡章太郎,吉行淳之介,小島信夫,遠藤周作,庄野潤三らをいう。これらの作家は「戦後派」とは,世代的にも,戦前戦中の体験も別にしている。さらにその作風は,思想的・観念的であるよりも,卑近な現実の中での卑小な人間の喜怒哀楽を,私小説風にある種の軽さをもって描くことを特徴とした。なお,この命名は評論家山本健吉によるものという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の第三の新人の言及

【戦後文学】より

…〈戦後派〉の流れを継承する者としては安部公房,井上光晴,島尾敏雄らの小説家が戦争体験を独自の方法で文学化し,彼らに対応する評論家として吉本隆明がいる。彼らは三島由紀夫と同世代だが,この世代のうちで非政治的な立場で日常性の危機を文学化したのが〈第三の新人〉と呼ばれる安岡章太郎,吉行淳之介,小島信夫らであった。だが50年代の後半には,さらにその下の世代から大江健三郎,石原慎太郎,開高健,および評論家として江藤淳が登場した。…

【私小説】より

…藤枝静男が《空気頭》(1967)でシュルレアリスム風のフィクションを混合した上に,グロテスク性を追求して私小説に荒々しいダイナミックスを与えたのがその顕著な例である。一方,“第三の新人”は家庭と日常生活の再認識に向かい,島尾敏雄《死の棘(とげ)》(1960‐76),安岡章太郎《海辺(かいへん)の光景》(1959),庄野潤三《静物》(1960),阿川弘之《舷灯》(1966)などを生んだ。その後の世代でも三浦哲郎,阿部昭など私小説的なものを核にもつ作家が出現している。…

※「第三の新人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

第三の新人の関連キーワード私小説(わたくししょうせつ)近藤 啓太郎吉行 淳之介結城 信一近藤啓太郎島尾敏雄服部 達北欧映画結城信一芥川賞群像

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第三の新人の関連情報