望月信亨(読み)もちづき しんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「望月信亨」の解説

望月信亨 もちづき-しんこう

1869-1948 明治-昭和時代の仏教学者。
明治2年9月24日生まれ。浄土宗高等学院教授,大正大学長,浄土宗管長を歴任。満30年を要した「仏教大辞典」7巻を昭和12年に完成させ,この間に大村西崖らと「大日本仏教全書」150巻も刊行した。昭和23年7月13日死去。80歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。浄土宗学本校卒。旧姓松原

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「望月信亨」の解説

もちづき‐しんこう〔‐シンカウ〕【望月信亨】

[1869~1948]仏教学者。福井の生まれ。加納法宣につき得度、浄土宗を学んだ。「仏教大辞典」を完成。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「望月信亨」の解説

もちづき‐しんこう【望月信亨】

仏教学者。越前(福井県)の人。浄土宗の僧。大正大学学長。明治三九年(一九〇六)「法然上人全集」を完成。その後、「仏教大辞典」の仕事にかかり、曲折を経て昭和一一年(一九三六)に全五巻を完結した(その後全一〇巻に増補)。このほか「大日本仏教全書」編纂の中心としても活躍。明治二~昭和二三年(一八六九‐一九四八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android