コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月信亨 モチヅキシンコウ

デジタル大辞泉の解説

もちづき‐しんこう〔‐シンカウ〕【望月信亨】

[1869~1948]仏教学者。福井の生まれ。加納法宣につき得度浄土宗を学んだ。「仏教大辞典」を完成。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月信亨 もちづき-しんこう

1869-1948 明治-昭和時代の仏教学者。
明治2年9月24日生まれ。浄土宗高等学院教授,大正大学長,浄土宗管長を歴任。満30年を要した「仏教大辞典」7巻を昭和12年に完成させ,この間に大村西崖らと「大日本仏教全書」150巻も刊行した。昭和23年7月13日死去。80歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。浄土宗学本校卒。旧姓は松原。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

望月信亨の関連キーワード小野 玄妙昭和時代望月信成江部鴨村浄土教明治望月

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android