望月信亨(読み)モチヅキシンコウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月信亨 もちづき-しんこう

1869-1948 明治-昭和時代の仏教学者。
明治2年9月24日生まれ。浄土宗高等学院教授,大正大学長,浄土宗管長を歴任。満30年を要した「仏教大辞典」7巻を昭和12年に完成させ,この間に大村西崖らと「大日本仏教全書」150巻も刊行した。昭和23年7月13日死去。80歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。浄土宗学本校卒。旧姓は松原。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

もちづき‐しんこう【望月信亨】

仏教学者。越前(福井県)の人。浄土宗の僧。大正大学学長。明治三九年(一九〇六)「法然上人全集」を完成。その後、「仏教大辞典」の仕事にかかり、曲折を経て昭和一一年(一九三六)に全五巻を完結した(その後全一〇巻に増補)。このほか「大日本仏教全書」編纂の中心としても活躍。明治二~昭和二三年(一八六九‐一九四八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android