コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木原光知子 きはら みちこ

2件 の用語解説(木原光知子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木原光知子 きはら-みちこ

1948-2007 昭和後期-平成時代の女子水泳選手,指導者。
昭和23年4月5日生まれ。昭和39年高校1年のとき自由形短距離東京五輪に出場。ミミの愛称でしたしまれ,41年アジア大会と42年メキシコプレ五輪の100m自由形で優勝。引退後,テレビタレントとして活躍するほか,スイミングクラブを経営した。平成4年スポーツ・エデュケイション・アカデミーを開設。17年日本水泳連盟理事。平成19年10月18日死去。59歳。岡山県出身。日大卒。本名は美知子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木原光知子
きはらみちこ
(1948―2007)

水泳選手、水泳指導者、テレビタレント。兵庫県生まれ。本名美知子。中学校在学時から活躍し、1964年(昭和39)、岡山の山陽女子高校1年生のときにオリンピック・東京大会に出場、400メートルメドレーリレーの最終泳者をつとめ、自由形を泳ぎ4位入賞を果たす。日本大学在学中に現役を引退し、モデルやタレント活動を開始、「ミミ」の愛称で親しまれた。1983年より水泳教室「ミミスイミングクラブ」を始める。2005年(平成17)日本水泳連盟理事。07年より同連盟のキッズ育成プロジェクトを担当した。同年10月水泳指導中に倒れ、くも膜下出血により死去。[編集部]
『木原光知子著『女の魅力はミステリアス』(1990・主婦と生活社) ▽木原光知子著『水を得た女たち』(2004・法研)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木原光知子の関連キーワード藤原伊織三田誠広東義国熊田誠辻隆辻義文野村純一松本作衛勝又進河野道代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木原光知子の関連情報