コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木場貞長 こばさだたけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木場貞長
こばさだたけ

[生]安政6(1859)
[没]1944
明治の教育行政家,行政法学者。法学博士。薩摩藩士の家に生れる。東京大学で哲学,政治学を学び,1880年卒業。ハイデルベルク大学留学。帰国後文部省に勤務,森有礼文相のもとで学制改革に参画した。 1903~06年文部次官貴族院議員を経て,13~22年行政裁判所第三部長。この間高等教育会議議員,臨時教育会議,文政審議会などの委員として学制改革に貢献した。著書に『教育行政』 (1902) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木場貞長 こば-さだたけ

1859-1944 明治-昭和時代前期の官僚。
安政6年9月3日生まれ。文部省にはいり,ドイツ留学後,森有礼(ありのり)文相のもとで学制改革にたずさわる。のち文部省官房長,次官などを歴任。貴族院議員。昭和19年6月3日死去。86歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。東京大学卒。名は「さだなが」ともよむ。著作に「教育行政」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木場貞長の関連キーワード岸沢式佐カミュスタージェスもの派レジスタンス文学ビラフランカの和議余計者光の科学史チェチェン中国白書

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android