コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村忠太 きむら ちゅうた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村忠太 きむら-ちゅうた

1917-1987 昭和時代の洋画家。
大正6年2月25日生まれ。郷里香川県の工芸学校を中退,昭和11年上京。17年独立賞。23年独立美術協会会員。28年からパリ定住し,「魂の印象派」と称する独自の画風をきずき,59年フランス芸術文化賞をうけた。サロン-ドートンヌ会員。昭和62年7月3日死去。70歳。作品に「ヴァローリスのオリーブの木」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

木村忠太【きむらちゅうた】

画家。高松市生れ。香川県立工芸学校中退。1937年独立美術協会展に入選。1853年渡仏,以後パリに永住し制作。南仏の風景等をぎりぎりの具象ともいえる形象と明るい色彩で描いた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きむらちゅうた【木村忠太】

1917~1987) 洋画家。香川県生まれ。渡仏後、パリに定住。新しい印象主義を追究し、独自の心象風景を描いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木村忠太
きむらちゅうた
(1917―1987)

画家。高松市生まれ。1936年(昭和11)画家を志して上京し、翌年独立美術展に初入選。帝国美術学校に学ぶが、前後二度召集を受ける。第二次世界大戦後の48年に独立美術協会会員となり(59年退会)、53年パリに赴き、以後没すまでフランスに在住した。色面と線描、具象と抽象、日本と西洋を統合する独自の作風を築く。70年サロン・ドートンヌ会員となり、前年の出品作『ル・クロ・サン・ピエールの家』はフランス政府買上げとなった。パリほかと日本でたびたび個展を開く。[小倉忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

木村忠太の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))牧野省三[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門有島武郎チャップリン国営企業等労働組合協議会アルモドバル国鉄労働組合島田修二

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木村忠太の関連情報