本城 安太郎(読み)ホンジョウ ヤスタロウ

20世紀日本人名事典「本城 安太郎」の解説

本城 安太郎
ホンジョウ ヤスタロウ

明治・大正期の大陸浪人 玄洋社社員。



生年
万延1年(1860年)

没年
大正7(1918)年7月4日

出生地
筑前国(福岡県)

経歴
福岡藩士の家に生れる。明治9年上京し、「日本新聞」記者を経て、22年フランスに渡る。帰国後河上操六大将の知遇を受け、25年日清開戦に先立ち、軍の密命を受け中国芝罘方面に渡る。日清戦争には陸軍通訳官として従軍。以来、義和団事変(北清事変)、日露戦争辛亥革命などで中国大陸工作要員として偵察裏面工作等に従事した。また、玄洋社社員として活動し、のち黒龍会同人として対支連合会、国民外交同盟会の評議員を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android