コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多新 ほんだ あらた

2件 の用語解説(本多新の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多新 ほんだ-あらた

1843-1914 明治時代の自由民権家。
天保(てんぽう)14年閏(うるう)9月5日生まれ。安井息軒にまなび,明治5年開拓使に採用され北海道にわたる。室蘭(むろらん)で旅館業をいとなみながら常盤(ときわ)学校を創立。13年元老院に「国会開設ノ儀」を建白。翌年の自由党創立大会に参加。鉄道敷設にもつくした。大正3年1月12日死去。72歳。出羽(でわ)村山郡(山形県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本多新
ほんだあらた
(1843―1914)

室蘭(むろらん)在住の自由民権家。天保(てんぽう)14年閏(うるう)9月5日、羽前(うぜん)国(山形県)村山郡十日町に農家の長男として生まれる。幼名茂助(もすけ)。江戸の儒者安井息軒(やすいそっけん)の学僕を経て、1872年(明治5)北海道に渡る。73年左院と開拓使に北海道開拓に関する建白書を提出、80年元老院に「国会開設ノ儀」を建白するなど、政治活動、住民運動に参加した。81年自由党結成大会に出席、翌年には自由党札幌支部結成に参加したが、のちに脱党。以後、室蘭最初の学校常盤(ときわ)学校の創立、札幌―室蘭間鉄道敷設運動、室蘭港の軍港化反対、港埋立て運動などに活躍した。大正3年1月12日没。室蘭市立図書館に関係文書が所蔵され、資料目録が発行されている。[船津 功]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本多新の関連キーワード自由民権論天野清助飯塚納太田松次郎岡喬久野初太郎野手一郎府川謙斎八木重治山本与七

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本多新の関連情報