本態性振戦(読み)ホンタイセイシンセン

デジタル大辞泉の解説

ほんたいせい‐しんせん【本態性振戦】

《「戦」は「顫」の書き換え》字を書いたり物を持ったりするときに手が震える症状。原因はストレスともされるが不詳。高齢者に多い。症状を軽減するためにベータ遮断薬が使われることがある。→振戦

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

本態性振戦

原因不明(本態性)で、不随意のふるえ(振戦)のみが起こる疾患。動作時に手・上肢・頭部などが震えるもので、進行性の神経疾患と位置づけられる。年齢とともに有病率が上がり、40歳以上の4%、65歳以上の5~14%以上に症状がみられ、有病率は人口のおよそ2.5~10%とされている。生命の危険はなく進行も一般に遅いが、日常生活に支障を来すほどに悪化した場合には、薬物療法・外科療法・ボツリヌス毒素注射治療などが行われる。

(2015-6-10)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android