定位脳手術(読み)ていいのうしゅじゅつ(英語表記)stereoencephalotomy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頭蓋に小さな穿孔をつくり,この穿孔を通して,脳表面から深部の目標に向って細い穿針を正確に刺入し,限局的な破壊巣をつくる手術をいう。破壊の方法には,機械的破壊,化学的破壊,熱凝固,凍結破壊,超音波破壊,放射性同位元素による破壊などがある。適応症はパーキンソン症候群,舞踏病,アテトーゼ痙性斜頸などの不随意筋運動症のほか,進行した乳癌,前立腺癌,脳腫瘍,各種の疼痛などの治療にも応用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

家庭医学館の解説

 定位脳手術は、50年以上の歴史があります。大脳だいのう)の内側にある基底核(きていかく)や視床(ししょう)といわれる部位を小さく破壊することにより、反対側の手足振戦(しんせん)や固縮(こしゅく)を軽減ないしは消失させます。
 頭蓋骨(ずがいこつ)に小さなをあけ、細い針を刺し入れる方法とはいえ、脳出血などの合併症が皆無ではないこと、最近は各種の有効な薬剤が登場してきたことで、手術件数は減っています。しかし、最終的にこの手術が適応になる場合もあることは事実です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定位脳手術の関連情報