コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位取り クライドリ

デジタル大辞泉の解説

くらい‐どり〔くらゐ‐〕【位取り】

算数やそろばんで、数の位を定めること。「位取りをまちがえる」
物事の等級や優劣・品位などを定めること。
将棋で、歩(ふ)を五段目まで突き進め、敵陣を圧迫すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くらいどり【位取り】

位ということばは,数1234の4は1の位,3は10の位,2は100の位,1は1000の位というように,記数法数字の位置によって大きさを定めたその大きさの単位のことを意味する。小数のときは,小数点以下第1位,第2位,……というように位(い)という語を用いる。位取りというのは,計算で出てきた数字の位を見定めることであり,位取りをまちがえれば,正しくない計算結果になる。記数法小数点【永田 雅宜】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くらいどり【位取り】

算盤そろばんや算数などで、数値の位 を定めること。位付け。
将棋で、歩を五段目まで進めて自陣を広くし、敵陣を圧迫すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の位取りの言及

【記数法】より

…前者の表し方には次の三つの特徴がある。(1)十進法,(2)桁を数の位置で表す,すなわち位取りの原則,(3)10個の数字だけを使っている。文化圏によって種々の記数法が考案され,使われてきたが,この3特徴すべて備えたものは6世紀までにインドで確立されたものと考えられている。…

【ゼロ】より

…一般に0,1,……,9という10個の数字ですべての数を書き記すことができる。そのためには,位取りの原則が不可欠である。すなわち,数字の位置でその桁を示すことにより,十,百,千,万,……が不必要になる。…

※「位取り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

位取りの関連キーワード以・伊・位・依・偉・医・唯・囲・圍・夷・委・威・尉・已・帷・彙・怡・意・慰・易・椅・為・爲・畏・異・移・維・緯・縊・胃・萎・蝟・衣・違・遺・醫コンピュータにおける数値の表現メソアメリカ文明数(すう、数学)イスラム科学フィボナッチ数字と記数法インド科学空(くう)そろばん有効数字十六進法計算機械演算装置計算尺朱世傑二進法位付け八進法一の位

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

位取りの関連情報