コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢口一之 さわぐち かずゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢口一之 さわぐち-かずゆき

?-? 江戸時代前期の和算家。
京都にすみ,橋本正数(せいすう)に師事。中国の「算学啓蒙」にある天元術をもちいて,佐藤正興の「算法根源記」にある問題を解き,寛文11年(1671)「古今算法記」をあらわした。これは関孝和(たかかず)が方程式論をつくる基礎となった。通称は三郎左衛門。号は宗隠。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

沢口一之

生年:生没年不詳
江戸初期の和算家。京都に住み,橋本正数に師事する。関孝和に師事したという伝は疑わしい。中国の『算学啓蒙』から天元術(算木の運算による方程式の解法)を学び,成果を『古今算法記』(1671)にまとめる。これは当時の数学知識を集大成しているが,肝心の天元術の解説はほとんど書かれていない。本書が提出した15個の問題(遺題という)に答えを与えたのが関孝和の『発微算法』(1674)である。のちの和算界において重要な術語である「円理」の初出も沢口によるが,円の計算以上の意味はなかった。<参考文献>日本学士院編『明治前日本数学史』1巻

(佐藤賢一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さわぐちかずゆき【沢口一之】

江戸初期の数学者。生没年不詳。通称三郎左衛門,号は宗隠。京都に住み,数学を教える。中国の《算学啓蒙》にある天元術を初めて理解したといわれる橋本伝兵衛正数の弟子である。沢口は,天元術を多くの人に理解させるため,当時の数学を集大成した《古今算法記》(1671)の中に解説した。天元術は本書により広まった。沢口は,当時一般に使われていた弓形の面積を求める公式が近似公式であることを示し,その理由から,《算法根源記》の遺題のうち弓形の面積公式を使う問題には解答を示さなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沢口一之
さわぐちかずゆき

生没年不詳。江戸初期の数学者。通称は三郎左衛門。号は宗隠。京都に住んだ。橋本正数の弟子。『荒木村英茶談(そんえいさだん)』(関孝和(せきたかかず)の弟子荒木村英の談話集)に「沢口は関孝和の弟子」とあるが、おそらく誤りであろう。1671年(寛文11)『古今算法記』を著す。これは佐藤正興の『算法根源記』にある150題の問題に答えたもので、天元術を用いている。天元術を応用して問題を解くことはこれから始まる。その巻末には新しく15題の問題がついているが、それを解いたのが関孝和の『発微算法』である。[大矢真一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の沢口一之の言及

【円理】より

…幕末になると曲線,曲面に関する計算,あるいは重心を求める問題,さらにそれらを計算するときに必要な定積分表や微分法までもが円理と呼ばれるようになった。円理という用語を初めて用いたのは沢口一之で,その著《古今算法記》(1671)の中で,〈方理はえやすく,円理は明らかにしがたし〉といって,円理という用語を示している。すなわち,線分で囲まれた図形についての求長,求積はそれほどむずかしくはないが,円や円弧で囲まれた図形の求積はむずかしいというのである。…

【天元術】より

…とくに研究は関西の数学者から始まった。橋本正数の弟子の沢口一之は,その著《古今算法記》(1671)の中で天元術を解説した。算木は朱が正の数,黒が負の数を表す。…

【和算】より

…さらに《算学啓蒙》の覆刻が拍車をかけた。沢口一之は天元術の解説を掲載した《古今算法記》(1671)を出版し,その巻末に天元術では解けない遺題15問を示した。天元術では,数字係数の一元高次方程式か連立多元一次方程式しか扱えない。…

※「沢口一之」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沢口一之の関連キーワード北村茂則田中由真佐藤茂春点竄術朱世傑

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android