コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉岡華邨 すぎおかかそん

3件 の用語解説(杉岡華邨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杉岡華邨
すぎおかかそん

[生]1913.3.6. 奈良,下北山
[没]2012.3.3. 奈良
書家。本名杉岡正美。1934年奈良師範学校専攻科卒業。漢字辻本史邑に,仮名尾上柴舟日比野五鳳に師事する。王朝仮名の伝統を引き継ぐ仮名作家として活躍し,1951年日展初入選後,1978年『酒徳』で日展文部大臣賞,1983年『玉藻』で日本芸術院賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すぎおか‐かそん〔すぎをかクワソン〕【杉岡華邨】

[1913~2012]書家。奈良の生まれ。本名、正美(まさみ)。辻本史邑(つじもとしゆう)・尾上柴舟(おのえさいしゅう)らに師事。現代かな書きの第一人者として活躍した。平成12年(2000)文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉岡華邨 すぎおか-かそん

1913-2012 昭和-平成時代の書家。
大正2年3月6日生まれ。仮名を尾上柴舟(さいしゅう)らにまなぶ。昭和45年大阪教育大教授。53年日展で「酒徳」が文部大臣賞。58年「玉藻」で芸術院賞。60年日本書芸院理事長,のち最高顧問。平成元年芸術院会員。12年文化勲章。平成24年3月3日死去。98歳。奈良県出身。奈良師範卒。本名は正美。著作に「かな講座」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

杉岡華邨の関連キーワード小坂奇石殿村藍田浅香鉄心伊藤鳳雲金子卓義栗原蘆水黒野清宇小山やす子津金孝邦劉蒼居

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杉岡華邨の関連情報