コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉岡華邨 すぎおかかそん

3件 の用語解説(杉岡華邨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杉岡華邨
すぎおかかそん

[生]1913.3.6. 奈良,下北山
[没]2012.3.3. 奈良
書家。本名杉岡正美。1934年奈良師範学校専攻科卒業。漢字辻本史邑に,仮名尾上柴舟日比野五鳳に師事する。王朝仮名の伝統を引き継ぐ仮名作家として活躍し,1951年日展初入選後,1978年『酒徳』で日展文部大臣賞,1983年『玉藻』で日本芸術院賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すぎおか‐かそん〔すぎをかクワソン〕【杉岡華邨】

[1913~2012]書家。奈良の生まれ。本名、正美(まさみ)。辻本史邑(つじもとしゆう)・尾上柴舟(おのえさいしゅう)らに師事。現代かな書きの第一人者として活躍した。平成12年(2000)文化勲章受章。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉岡華邨 すぎおか-かそん

1913-2012 昭和-平成時代の書家。
大正2年3月6日生まれ。仮名を尾上柴舟(さいしゅう)らにまなぶ。昭和45年大阪教育大教授。53年日展で「酒徳」が文部大臣賞。58年「玉藻」で芸術院賞。60年日本書芸院理事長,のち最高顧問。平成元年芸術院会員。12年文化勲章。平成24年3月3日死去。98歳。奈良県出身。奈良師範卒。本名は正美。著作に「かな講座」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杉岡華邨の関連キーワードデトリングバルカン戦争光の科学史徳川文庫ウィルソン朝永三十郎阿部守太郎市川久女八(初代)江頭安太郎柏木幸助

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杉岡華邨の関連情報