コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉本健吉 すぎもと けんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉本健吉 すぎもと-けんきち

1905-2004 昭和-平成時代の洋画家。
明治38年9月20日生まれ。岸田劉生に師事。昭和6年から46年まで国画会展に出品。17年新文展「博物館中央」で特選,18年佐分(さぶり)賞。21年日展「博物館彫刻室」で特選。また挿絵画家として,吉川英治作「新平家物語」など数おおく手がけた。62年愛知県に杉本美術館が開館。平成16年2月10日死去。98歳。愛知県出身。愛知県立工業卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉本健吉
すぎもとけんきち
(1905―2004)

洋画家。明治38年9月20日名古屋市生まれる。愛知県立工業学校図案科を卒業ののち、洋画家を志して岸田劉生(りゅうせい)に師事。国画会に出品し、1938年(昭和13)同人となる(1971退会)。42年文展で特選、翌年佐分(さぶり)賞、46年日展で特選を受ける。48年(昭和23)奈良風景を題材とした画業により第1回中日文化賞を受ける。また吉川英治作『新・平家物語』ほかの小説の挿絵の分野で活躍を始める。62年インド、中近東を経てヨーロッパ巡遊。以後中国、韓国、ヨーロッパ各地ほかへたびたびスケッチ旅行をしている。87年杉本美術館(愛知県知多(ちた)郡美浜(みはま)町)開館。94年(平成6)愛知県美術館で「杉本健吉展――画業70年のあゆみ」が開催された。平成16年2月10日死去。[小倉忠夫・柳沢秀行]
『『新平家・画帖』上下(1956、58・朝日新聞社) ▽『修二絵画帖』(1958・美術出版社) ▽『墨絵奈良』(1960・角川書店) ▽『画帖私本太平記』(1963・毎日新聞社) ▽『画帖新水滸伝』(1963・講談社) ▽『幻想奈良』(1967・求龍堂) ▽『新平家物語』『杉本健吉奈良作品集 油絵・墨絵』(1970・杉本健吉画集刊行会) ▽『墨彩大和』(1975・求龍堂) ▽『海外スケッチ』(1976・求龍堂) ▽『杉本健吉作品集』(1976・駸々堂出版) ▽『墨絵奈良』(1979・求龍堂) ▽『杉本健吉素描集』(1981・朝日新聞社) ▽『聖徳太子御絵伝――四天王寺絵堂障壁画』(1983・総本山四天王寺) ▽『秘苑 杉本健吉画集』(1985・求龍堂) ▽愛知県美術館編・刊『杉本健吉展――画業70年のあゆみ』(1994)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

杉本健吉の関連キーワード竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府竹島問題クイーンイスクライラン立憲革命エラリー・クイーンシュリーフェン

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杉本健吉の関連情報