コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李柏文書 りはくもんじょLi-bai-wen-shu; Li-paiwên-shu

2件 の用語解説(李柏文書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李柏文書
りはくもんじょ
Li-bai-wen-shu; Li-paiwên-shu

1909年,大谷探検隊橘瑞超ロプノール湖沿岸の楼蘭付近の「海頭」で入手したもの。五胡十六国の前涼 (→ ) の4代目張駿 (324~346) のもとで西域経略を行なった西域長史の李柏が,東晋の咸和3 (328) 年頃に焉耆 (えんき) 王の龍煕に送るため,「海頭」の地でしたためた漢文書簡の草稿2通をいう。ほかに数十点の断片がある。当時の西域の政治情勢や歴史地理の解明にとって,刊本史料を裏づけたり補ったりする根本史料として重要。中国書道史の面からも貴重なものとされる。首尾完全な2通は国の重要文化財。龍谷大学蔵。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りはくもんじょ【李柏文書 Lǐ Bǎi wén shū】

第2回大谷探検隊が1909年3~4月ころ,タリム盆地を流れるコンチダリヤ下流の廃墟で発見した前涼の西域長史李柏の尺牘(せきとく)の草稿。晋の咸和3年(328)ころのもので,羽田亨により《晋書》巻八十六の張駿伝に見える李柏の文書と考証されてより世界的に有名となり,ペリオ,シャバンヌスタイン,王国維等が論考を加えた。出土地を楼蘭とする森鹿三の説やその反論などがあって,現在もしばしば話題になる。京都の竜谷大学に所蔵される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

李柏文書の関連キーワードスバルレオポルド2世父の日ピーター・ドラッカーゴッチェジェーンズネットー山路愛山超変成作用分化作用

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone