コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李柏文書 りはくもんじょ Li-bai-wen-shu; Li-paiwên-shu

2件 の用語解説(李柏文書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李柏文書
りはくもんじょ
Li-bai-wen-shu; Li-paiwên-shu

1909年,大谷探検隊橘瑞超ロプノール湖沿岸の楼蘭付近の「海頭」で入手したもの。五胡十六国の前涼 (→ ) の4代目張駿 (324~346) のもとで西域経略を行なった西域長史の李柏が,東晋の咸和3 (328) 年頃に焉耆 (えんき) 王の龍煕に送るため,「海頭」の地でしたためた漢文書簡の草稿2通をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りはくもんじょ【李柏文書 Lǐ Bǎi wén shū】

第2回大谷探検隊が1909年3~4月ころ,タリム盆地を流れるコンチダリヤ下流の廃墟で発見した前涼の西域長史李柏の尺牘(せきとく)の草稿。晋の咸和3年(328)ころのもので,羽田亨により《晋書》巻八十六の張駿伝に見える李柏の文書と考証されてより世界的に有名となり,ペリオ,シャバンヌスタイン,王国維等が論考を加えた。出土地を楼蘭とする森鹿三の説やその反論などがあって,現在もしばしば話題になる。京都の竜谷大学に所蔵される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李柏文書の関連キーワード大谷光瑞大谷探検隊シャクルトンポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊白瀬南極探検隊記念館トリコラ[山]熊谷宣夫コムソモレツ[島]敦煌学ミンタカ[峠]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone