コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李禹煥 りうかん

3件 の用語解説(李禹煥の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

李禹煥【りうかん】

美術家。韓国慶尚南道生れ。朝鮮語読みではリ・ウファン。1956年ソウル大学中退。1961年日本大学卒。1967年初個展。1970年ころからの動向〈もの派〉の中心的存在。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

李禹煥 イ-ウファン

1936- 昭和後期-平成時代の美術家,美術評論家。
1936年6月24日生まれ。昭和31年ソウル大学校美術大を中退して来日し,36年日大哲学科卒。42年初の個展をひらき,44年評論「事物から存在へ」を発表。サンパウロ-ビエンナーレ,西ドイツドクメンタ6などに出品。47年から多摩美大でおしえる。54年ヘンリームーア大賞展で優秀賞。「もの派」の中心作家として平面,立体に造形の可能性を追求する。平成18年「李禹煥 余白の芸術」展で毎日芸術賞。朝鮮慶尚南道出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李禹煥
りうふぁん / イウファン
(1936― )

韓国で生まれ日本で活動する画家、美術家。慶尚南道(けいしょうなんどう/キョンサンナムド)生まれ。1956年(昭和31)ソウル大学校美術大学を中退し、来日した。1961年日本大学文理学部哲学科を卒業。在学中よりニーチェやフッサール、ハイデッガーなどの西欧近代哲学を学び、同時に絵画を描いていた。1960年に初の個展(中央画廊、東京)を行い、1968年に「韓国現代絵画展」(東京国立近代美術館)に出品。1969年の美術出版社芸術評論賞募集で、論文「事物から存在へ」が入賞し、同年に「現代美術の動向」展(京都国立近代美術館)とサン・パウロ・ビエンナーレに参加した。この時期の「関係項」と名づけられたシリーズ作品の特徴は、鉄板にガラス板を載せ、その上に石を置くことで、物と物の関係性を喚起させるものである。表現にあたって先行するイメージを設定してそれを再現するという方法を止め、その場における観念と現実の分裂を「状態」として示している。このように素材の生の物質的な表情をあらわにし、物の実在性を関係のなかに置き直すという、1960年代末から1970年代初頭における李をはじめとした一連の作家たちによる表現傾向は、後に「もの派」(李、菅木志雄(すがきしお)、関根伸夫、吉田克朗(かつろう)(1943―1999)、小清水漸(こしみずすすむ)(1944― )、成田克彦(1944―1992)ら)と呼ばれた。これは1960年代末の「アンチ・フォーム」(アメリカ)、「アルテ・ポーベラ」(イタリア)、「シュポール/シュルファス」(フランス)といった同時代美術の表現コンセプトと通底しており、その美術作品を成立させる物質と概念との関係を問う流れと、世界的な共通性をもった。
 「関係項」シリーズは、さらに油や布、ロープや綿、電球などを使用した。絵画的な平面作品では、木の板の表面をのみで刻んだり、筆と岩絵具でカンバスに点を打ったり、また反復しながら線を引いていく作品がつくられた。それらは1970年代以降に「〈刻み〉より」「点より」「線より」のシリーズとして展開するが、いずれも、空間と知覚のずれや不確定性を示している点で一貫している。1971年パリ青年ビエンナーレ、1973年サン・パウロ・ビエンナーレ、1975年インド・トリエンナーレ(ニューデリー)、1977年ドクメンタ6(カッセル、ドイツ)、1986年「前衛芸術の日本 1910―1970」展(ポンピドー・センター)など、多数の美術展に参加している。[高島直之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

李禹煥の関連キーワード河口竜夫菊畑茂久馬菅木志雄池上忠治乾由明小川正隆田中穣中山公男森洋子島次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

李禹煥の関連情報