コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杏仁豆腐 アンニンドウフ

デジタル大辞泉の解説

あんにん‐どうふ【×仁豆腐】

きょうにんどうふ(杏仁豆腐)

きょうにん‐どうふ〔キヤウニン‐〕【×仁豆腐】

中国料理の点心の一。杏仁をすりつぶして寒天で固め、シロップをかけたもの。一般には、杏仁のエッセンスを加えた牛乳の寒天ゼリーが多い。あんにんどうふ。シンレンどうふ。

シンレン‐どうふ【杏仁豆腐】

《「シンレン」は中国語》⇒きょうにんどうふ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

あんにんどうふ【杏仁豆腐】

中国料理の甘い点心の一種。一般的には、牛乳(生クリームやエバミルクを用いることもある)に杏仁(きょうにん)(あんずの実の種子の白い胚乳の部分)の風味と砂糖を加え、寒天またはゼラチンで固めたもの。菱形に切り分けてシロップに浮かべ、果物を添えることが多いが、ゆるめによせてシロップなしで供し、やわらかな食感を楽しむものもある。杏仁の風味をつけるには、杏仁霜(杏仁から杏仁油を抽出した残りを粉末にしたもの)を用いるか、アーモンドエッセンスで代用することが多い。元来は杏仁をすりつぶして寒天で固めたもの。◇「きょうにんどうふ」「シンレントウフ」ともいい、いずれも漢字表記は同じ。

きょうにんどうふ【杏仁豆腐】

杏仁(あんにん)豆腐。⇒杏仁豆腐

シンレンドウフ【杏仁豆腐 (中国)】

杏仁(あんにん)豆腐。⇒杏仁豆腐

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうにんどうふ【杏仁豆腐】

中国の点心料理。杏仁を粉にしたものを寒天で固め、フルーツとともにシロップに浮かべたもの。杏仁の代わりにアーモンドを用いる場合も多い。あんにんどうふ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

杏仁豆腐の関連キーワードブラン・マンジェスターアニス小澤真利奈中国料理フルーツアンズ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杏仁豆腐の関連情報