コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田治郎 むらたじろう

2件 の用語解説(村田治郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村田治郎
むらたじろう

[生]1895.9.23. 山口
[没]1985.9.22. 東京
建築史家。 1923年京都帝国大学建築学科卒業。 24年南満州鉄道会社入社。南満州工業専門学校教授として建築史,建築意匠を担当。この間旧満鉄沿線の歴史的建築遺構の調査,朝鮮の民家研究に努め,アジアにおける住居の発生と展開,中国大陸を中心とする住居形式の地域的交渉と変遷を論じた『東洋建築史系統史論』 (1931) を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田治郎 むらた-じろう

1895-1985 昭和時代の東洋史学者。
明治28年9月23日生まれ。東洋建築史を専攻する。昭和12年母校京都帝大の教授。戦前,調査団を組織して北京郊外の居庸関(きょようかん)を総合的に研究し,32年までに報告書をまとめる。34年共同研究「居庸関」で学士院賞法隆寺,金閣寺の再建にもたずさわった。昭和60年9月22日死去。89歳。福島県出身。著作に「法隆寺の研究史」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村田治郎の関連キーワード度量衡任意出頭被疑者深刻小説日清戦争観念小説文芸倶楽部新興市場燃料棒レジ袋有料化

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone