コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田治郎(読み)むらたじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村田治郎
むらたじろう

[生]1895.9.23. 山口
[没]1985.9.22. 東京
建築史家。 1923年京都帝国大学建築学科卒業。 24年南満州鉄道会社入社。南満州工業専門学校教授として建築史,建築意匠を担当。この間旧満鉄沿線の歴史的建築遺構の調査,朝鮮の民家研究に努め,アジアにおける住居の発生と展開,中国大陸を中心とする住居形式の地域的交渉と変遷を論じた『東洋建築史系統史論』 (1931) を発表。 37年に京都帝国大学教授に就任。中国建築の調査研究を続行し,『支那建築の研究』 (41) を著わす。さらに日本と中国の建築文化の交流を研究,法隆寺研究に新たな局面を開き,同寺金堂の火災後修理を指導するなどして 49年に名著『法隆寺研究史』を発表した。日本,朝鮮,中国,インド,イスラムの建築に関する広範な研究で東洋建築史の分野に多大な功績を残している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田治郎 むらた-じろう

1895-1985 昭和時代の東洋史学者。
明治28年9月23日生まれ。東洋建築史を専攻する。昭和12年母校京都帝大の教授。戦前,調査団を組織して北京郊外の居庸関(きょようかん)を総合的に研究し,32年までに報告書をまとめる。34年共同研究「居庸関」で学士院賞。法隆寺,金閣寺の再建にもたずさわった。昭和60年9月22日死去。89歳。福島県出身。著作に「法隆寺の研究史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android