コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村絵図 むらえず

百科事典マイペディアの解説

村絵図【むらえず】

近世,村ごとに作られた絵図彩色のものが多い。大きさはまちまちであるが,縮尺は600分の1程度のものが多い。初期は検地帳とともに作製されたようだが,村明細帳に添えるためなど,さまざまな事情により作製された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むらえず【村絵図】

日本の近世に村ごとに作られた各種の地図。彩色のものが多い。大きさは30cm×40cm程度から3m×5m程度までさまざまであるが,だいたいは数十cm四方のものが多い。縮尺は600分の1程度のものが多かったとされている。現在の地図のように北が上に描かれるとは限らないが,東西南北はわかるようになっている。検地にあたって,検地帳とともに作成されることになっていたようだが,寛永(1624‐44)以前のものは残存量がごく少ない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

村絵図の関連キーワード五木(村)荘園絵図切絵図長州藩日根荘国絵図町絵図