村絵図(読み)むらえず

百科事典マイペディアの解説

近世,村ごとに作られた絵図。彩色のものが多い。大きさはまちまちであるが,縮尺は600分の1程度のものが多い。初期は検地帳とともに作製されたようだが,村明細帳に添えるためなど,さまざまな事情により作製された。田畑屋敷,道橋,川や用水,主要堂社など景観全般を描いたものと,必要な部分だけを描いたものがある。→町絵図国絵図

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

日本の近世に村ごとに作られた各種の地図。彩色のものが多い。大きさは30cm×40cm程度から3m×5m程度までさまざまであるが,だいたいは数十cm四方のものが多い。縮尺は600分の1程度のものが多かったとされている。現在の地図のように北が上に描かれるとは限らないが,東西南北はわかるようになっている。検地にあたって,検地帳とともに作成されることになっていたようだが,寛永(1624‐44)以前のものは残存量がごく少ない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村絵図の関連情報