コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町絵図 まちえず

百科事典マイペディアの解説

町絵図【まちえず】

近世の村絵図に対して,近世都市の町人居住地を描いた絵図。街路形態と街路に沿って配される町の形状および町名が記された町割図が多い。町内の個々の屋敷割まで書き込んだ屋敷割図も町絵図の一種で,一筆ごとの間口・奥行き寸法や坪数,地主名などが書き込まれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まちえず【町絵図】

近世の農村の状況を描いた村絵図に対して,城下町,港町など近世都市の町人居住地を描いた絵図を町絵図と呼ぶことがある。その内容は街路形態と街路に沿って配される町の形状および町名が記された町割図(町割)が多く,これには下水溝や町境に置かれる木戸,番屋,町役人の詰める役所などの位置が記される場合もある。町内の個々の屋敷割までも書きこんだ屋敷割図も町絵図の一種で,この場合は大坂の水帳絵図や江戸の沽券(こけん)絵図のように一筆ごとの間口・奥行き寸法や坪数,地主名などが書きこまれることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

町絵図の関連キーワード旧萩藩御船倉町奉行

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

町絵図の関連情報