コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杜環 とかん Du Huan

2件 の用語解説(杜環の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杜環
とかん
Du Huan

中国,中唐の人。『経行記』の著者。宰相杜佑の族子。高仙芝の西征に従軍,天宝 10 (751) 年のタラス川の戦いに敗れ捕虜となって西方に送られ,中央アジア諸国,東カリフ帝国 (大食) の地方を見聞し,セイロン島を経て宝応1 (762) 年商船に乗り帰国した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とかん【杜環 Dù Huán】

中国,唐代中期の人。生没年不詳。751年(天宝10),高仙芝の率いる唐軍とイスラム軍とのタラス河畔の戦で,イスラム軍の捕虜となり,西方に送られて約10年過ごした。帰途は貿易船に便乗し,セイロンを経て広州に帰り着いた。その間の東カリフ領での見聞を,帰国後に《経行記》として著した。アッバース朝成立前後の西アジア,中央アジアに関する貴重な資料であるが,一族の杜佑の《通典》に十数条が引用されて今に伝わるだけである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

杜環の関連キーワード荊浩戴進李真李迪道邃清元斎兵衛『荘子』堅田喜惣治辺鸞山彦河良

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone