コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杜環 とかんDu Huan

2件 の用語解説(杜環の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杜環
とかん
Du Huan

中国,中唐の人。『経行記』の著者。宰相杜佑の族子。高仙芝の西征に従軍,天宝 10 (751) 年のタラス川の戦いに敗れ捕虜となって西方に送られ,中央アジア諸国,東カリフ帝国 (大食) の地方を見聞し,セイロン島を経て宝応1 (762) 年商船に乗り帰国した。その間の見聞記『経行記』は,佚文十数条が杜佑の『通典 (つてん) 』辺防門に引用されており,8世紀の中央アジアの事情を伝える貴重な史料とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とかん【杜環 Dù Huán】

中国,唐代中期の人。生没年不詳。751年(天宝10),高仙芝の率いる唐軍とイスラム軍とのタラス河畔の戦で,イスラム軍の捕虜となり,西方に送られて約10年過ごした。帰途は貿易船に便乗し,セイロンを経て広州に帰り着いた。その間の東カリフ領での見聞を,帰国後に《経行記》として著した。アッバース朝成立前後の西アジア,中央アジアに関する貴重な資料であるが,一族の杜佑の《通典》に十数条が引用されて今に伝わるだけである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone