東 龍太郎(読み)アズマ リョウタロウ

  • 東 龍太郎 (あずま りょうたろう)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の医学・体育学者,政治家 元・東京都知事;元・国際オリンピック(IOC)委員。



生年
明治26(1893)年1月16日

没年
昭和58(1983)年5月26日

出生地
大阪市

学歴〔年〕
東京帝大医科大学〔大正6年〕卒

学位〔年〕
医学博士〔大正15年〕

主な受賞名〔年〕
勲一等旭日大綬章〔昭和42年〕,東京都名誉都民〔昭和56年〕

経歴
昭和9年東大教授。21年教授兼任で厚生省医務局長となり、医師国家試験の導入など医療制度の改革に当たり、26年まで在職。その後、茨城大、東邦大の学長歴任。34年、東京都知事に当選して2期8年間在任。その間、39年の東京五輪を目標に道路、地下鉄などの整備を進め、在任中の五輪を成功させた。都知事退任後は日本赤十字社長などを務めた。学生時代はボート選手として活躍、東陽一東俊郎と並んで“スポーツ三兄弟”といわれ日本体育協会会長、IOC委員などを務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説


肩書
元・東京都知事,元・国際オリンピック(IOC)委員

生年月日
明治26年1月16日

出生地
大阪市

学歴
東京帝大医科大学〔大正6年〕卒

学位
医学博士〔大正15年〕

経歴
昭和9年東大教授。21年教授兼任で厚生省医務局長となり、医師国家試験の導入など医療制度の改革に当たり、26年まで在職。その後、茨城大、東邦大の学長を歴任。34年、東京都知事に当選して2期8年間在任。その間、39年の東京五輪を目標に道路、地下鉄などの整備を進め、在任中の五輪を成功させた。都知事退任後は日本赤十字社長などを務めた。学生時代はボート選手として活躍、弟の東陽一、東俊郎と並んで“スポーツ三兄弟”といわれ日本体育協会会長、IOC委員などをつとめた。

受賞
勲一等旭日大綬章〔昭和42年〕 東京都名誉都民〔昭和56年〕

没年月日
昭和58年5月26日

家族
弟=東 陽一(医師) 東 俊郎(スポーツ医学者) 長男=東 克彦(北大教授) 二男=東 健彦(信州大教授) 三男=東 博彦(埼玉医大教授)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1893年1月16日
大正時代;昭和時代の政治家;医師。東京都知事;東邦大学学長
1983年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android