コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東儀鉄笛 とうぎ てってき

8件 の用語解説(東儀鉄笛の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

東儀鉄笛

音楽家・俳優。雅楽家東儀季芳の子。京都生。東京専門学校(早大)中退。宮内省雅楽部で修業。また洋楽を学び東京音楽学校講師となる。一方、坪内逍遙の文芸協会に加わり『ベニスの商人』のシャイロック、『マクベス』のマクベス等を得意とした。早大校歌「都の西北」作曲家としても有名。大正14年(1925)歿、57才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうぎ‐てってき【東儀鉄笛】

[1869~1925]俳優・音楽家。京都の生まれ。本名、季治(すえはる)。雅楽の家に生まれて洋楽も学ぶ。文芸協会の創立に参加し、俳優として活躍。早稲田大学校歌「都の西北」の作曲者。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東儀鉄笛 とうぎ-てってき

1869-1925 明治-大正時代の音楽家,舞台俳優。
明治2年6月16日生まれ。東儀季芳(すえよし)の長男。宮内省式部寮に属しながら西洋音楽もまなぶ。東京専門学校(現早大)を中退。坪内逍遥の文芸協会の創立にくわわり新劇俳優として活躍,のち新派にうつる。晩年は「日本音楽史考」(未完)の執筆に専念。早大校歌「都の西北」を作曲。大正14年2月4日死去。57歳。京都出身。本名は季治(すえはる)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

東儀鉄笛

没年:大正14.2.4(1925)
生年:明治2.6.16(1869.7.24)
明治大正期の音楽家,演劇家。本名は季治。大阪四天王寺楽人東儀季芳の子。明治3(1870)年父と共に東上。12年より宮中に出仕,雅楽と欧州楽を習得演奏,30年まで勤務した。その間東京専門学校(早稲田大学)文学科,独逸学協会学校(独協大学)に学んだ。古い民族的文化と西洋の近代文化を吸収した彼の関心事は演劇へと進む。35年ごろから朗読法研究会,易風会で活動し,それを契機に坪内逍遥の文芸協会に入り,「ベニスの商人」のシャイロックを演じたりした。演技は豪快にして洒脱,型にはまらない新鮮さがあったとも評される。39年オペラ「常闇」を作曲。歌劇の世界にも身を投じた。40年10月には早稲田大学創立25周年に当たり,校歌「都の西北」を作曲。活気に満ちた旋律は,校歌・寮歌作曲のさきがけを成した。さらに伊井蓉峰,河合武雄,喜多村緑郎らの新派劇に投じて「不如帰」の片岡中将に扮すなどし,大正11(1922)年には大阪で新興劇で活躍,翌年帰京し新劇研究所で演出を担当した。晩年は日本音楽史の研究に没頭し,明治43年からは「日本音楽史考」を雑誌『音楽界』に連載。惜しくも大正12年の関東大震災で中断した。しかし死の直前まで音楽と演劇,その実践と研究両面に情熱をかたむけ,先駆的役割を果たした。<参考文献>北見治一『鉄笛と春曙』

(蒲生美津子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうぎてってき【東儀鉄笛】

1869‐1925(明治2‐大正14)
音楽家,俳優。京都生れ。本名季治(すえはる)。雅楽家東儀季芳の子。宮内省雅楽部で音楽を修め,東京専門学校(のちの早大)を中退。坪内逍遥のもとで朗読研究に従い,1906年〈文芸協会〉の設立に参画,協会の幹部俳優として《ベニスの商人》のシャイロック役,《ハムレット》の墓掘り役で好評を博し,以降各公演に出演,後進の指導にもあたった。協会解散後は14年土肥春曙(どいしゆんしよ)らと〈無名会(むめいかい)〉を結成し,主演俳優として活躍,のち新派に転じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうぎてってき【東儀鉄笛】

1869~1925) 俳優・音楽家・音楽研究家。京都生まれ。本名、季治。宮内省楽師の出。坪内逍遥に師事。無名会を組織するなど俳優として活躍。早大校歌「都の西北」などの作曲でも知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東儀鉄笛
とうぎてってき

[生]明治2(1869).6.16. 京都
[没]1925.2.4. 東京
俳優,音楽家。本名季治 (すえはる) 。7歳で父祖伝来の篳篥 (ひちりき) を習いはじめ,1879年宮中に出仕,84年雅楽生となり 18年間宮内省に勤務。この間,92年9月から半年間東京専門学校 (現早稲田大学) に在学。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東儀鉄笛
とうぎてってき
(1869―1925)

俳優、音楽家。本名季治(すえはる)。京都に千年の伝統をもつ楽家に生まれる。上京して宮内省雅楽部に勤めるかたわら洋楽も学び、さらに東京専門学校(現早稲田(わせだ)大学)へ入学。1902年(明治35)に坪内逍遙(しょうよう)主催の朗読法研究会に参加、06年の文芸協会発足にあたっては幹事に就任、土肥春曙(どいしゅんしょ)とともに主要な役を演じたが、とくに『ハムレット』の墓掘り男の演技は高く評価された。文芸協会解散後に無名会を組織し、近代的俳優として活躍、晩年は日本音楽史の研究に打ち込んだ。早稲田大学校歌『都の西北』(1907)は彼の作曲による。[松本伸子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東儀鉄笛の関連キーワード音楽家AFM山の音楽家木村弦三橘旭翁(初代)永井素岳見砂直照ジャミーラ《明治大正詩史》《明治大正史・世相篇》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone