東洋紡績(株)(読み)とうようぼうせき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東洋紡績(株)
とうようぼうせき

紡績業界の老舗(しにせ)。1914年(大正3)大阪紡績と三重紡績が合併して設立された。大阪紡績は、渋沢栄一の提唱により1882年(明治15)華族や綿商の出資で設立された日本初の大規模近代的紡績会社。1886年リング機への転換を開始、90年大阪織布を買収して織布部門に進出、さらに1906年(明治39)金巾(かなきん)製織を合併した。三重紡績は1880年創業の二千錘紡績の一つ、三重紡績所を継承して86年設立、96年には織布を兼営、97年以降尾張(おわり)紡績など9社を合併ないし買収して鐘紡(かねぼう)(のちカネボウ)に次ぐ規模となった。1914年両社相談役渋沢栄一の斡旋(あっせん)で合併、業界1位の東洋紡績となり、旧大阪紡山辺丈夫(やまのべたけお)が社長に就任した。第一次世界大戦後は合理化を進める一方、1923年上海(シャンハイ)に進出して大陸投資を進め、29年(昭和4)裕豊(ゆうほう)紡績を分離設立。1931年五大紡の一つの大阪合同紡績を合併する。さらに絹糸紡績、人絹、スフ、羊毛、ゴム、パルプなどへ多角化ないし投資を進め、第二次世界大戦終戦時、関係会社は100社に及ぶ。戦後、繊維の総合メーカーとして海外へも発展し、非繊維部門でも1971年(昭和46)東洋紡不動産、72年東洋紡エンジニアリングなどを設立。主要工場は岩国、敦賀(つるが)、三重、犬山など。資本金433億円(2008)、売上高4314億円(2008。連結ベース)。[田付茉莉子]
『東洋紡績株式会社編・刊『東洋紡績七十年史』(1953) ▽東洋紡績株式会社編・刊『百年史 東洋紡』(1986)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android