コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東海林太郎 ショウジタロウ

6件 の用語解説(東海林太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうじ‐たろう〔シヤウジタラウ〕【東海林太郎】

[1898~1972]歌手。秋田の生まれ。南満州鉄道社員から転身し、「赤城の子守唄」「野崎小唄」などのヒット曲を残した。直立不動で歌う姿は有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東海林太郎【しょうじたろう】

歌手。秋田県出身。34歳で声楽コンクールに入賞,歌謡曲歌手としてデビュー。1934年の《赤城の子守歌》が大ヒット,その後1938年までの5年間に数多くのヒットを記録。
→関連項目歌謡曲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東海林太郎 しょうじ-たろう

1898-1972 昭和時代の歌手。
明治31年12月11日生まれ。下八川圭祐(しもやがわ-けいすけ)に師事。昭和9年「赤城の子守唄」が大ヒットし,以後「国境の町」「野崎小唄」「麦と兵隊」など数おおくのヒット曲をだす。ロイドめがね,燕尾(えんび)服,直立不動の姿勢が特徴だった。日本歌手協会初代会長。昭和47年10月4日死去。73歳。秋田県出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

しょうじたろう【東海林太郎】

1898‐1972(明治31‐昭和47)
第2次大戦前に人気の高かった歌謡曲歌手。秋田県出身。早稲田大学商学部卒業後,大陸に渡って満鉄に勤務,同付属鉄嶺図書館長となったのち職を辞して上京,下八川圭祐にクラシックの声楽を学ぶ。1933年《時事新報》主催のコンクールに入賞し,キングレコードに入社したが,34年2月,新興のレコード会社ポリドールから《赤城の子守唄》を出したところ大ヒットとなった。この曲は松竹の同名時代劇映画主題歌で,やくざ主人公とし,1番の歌詞が4行から成るその各行に1回ずつ〈泣く〉という語が使われる(佐藤惣之助作詞,竹岡信幸作曲)という,それまでの歌謡曲にもなかったほど日本的な孤独感,悲愴感を強調したもので,いわゆる演歌調歌謡曲の嚆矢となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうじたろう【東海林太郎】

1898~1972) 歌手。秋田市生まれ。満鉄に入社するが歌手を志す。「赤城の子守唄」「国境の町」などで知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東海林太郎
しょうじたろう
(1898―1972)

歌手。秋田県生まれ。早稲田(わせだ)大学商学部卒業後、南満州鉄道に入社したが、鉄嶺(てつれい)図書館長を最後に8年間で退職。クラシック音楽で身をたてようと上京、下八川圭祐(しもやがわけいすけ)に師事する。1933年(昭和8)時事新報の音楽コンクールで上位入賞し、キングレコードに入社。34年ポリドール発売の『赤城(あかぎ)の子守唄(うた)』(佐藤惣之助(そうのすけ)作詞、竹岡信幸作曲)が大ヒットし、股旅(またたび)歌謡曲の基礎をつくった。燕尾服(えんびふく)姿で直立不動、端正な歌いぶりで有名。ほかに『国境の町』『むらさき小唄』『野崎小唄』などのヒット曲があり、65年(昭和40)には流行歌手として初の紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章した。[斎藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の東海林太郎の言及

【赤城の子守唄】より

…1934年の松竹映画《浅太郎赤城の山》の主題歌。この映画は,赤城山に潜伏中の国定忠治と子分の板割浅太郎を描いた映画だが,中年から歌手となってポリドール入りした東海林(しようじ)太郎が歌った主題歌が大ヒットした。同年2月のレコード発売以来今日まで歌われつづけている。…

※「東海林太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東海林太郎の関連キーワード総同盟アバンゲール外地生蕃戦前戦前派ムード歌謡キラーチューンエコール・ド・パリ第2次大戦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東海林太郎の関連情報