コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松尾臣善 マツオシゲヨシ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松尾臣善 まつお-しんぜん

まつお-しげよし

松尾臣善 まつお-しげよし

1843-1916 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)14年2月6日生まれ。数学にすぐれ,伊予(いよ)宇和島藩につかえた。維新後は財政官僚として大蔵省出納局長,日本銀行理財局長などを歴任し,明治36年日銀総裁となる。貴族院議員。大正5年4月8日死去。74歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。本姓中根

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松尾臣善

没年:大正5.4.7(1916)
生年:天保14.2.6(1843.3.6)
明治時代の官僚,実業家。姫路の郷士松尾方信の長男に生まれ,のちに四国宇和島藩の士籍に列す。明治2(1869)年に大阪府外国局会計課長となり,大蔵省に転じて19年出納局長,以後日本銀行管理官,主計局長,貯金局長,理財局長などを歴任した。日本銀行総裁山本達雄の事実上の解任により明治36年同行総裁となる。在職中は,大蔵省との関係を改善し,副総裁高橋是清と協力して,日露戦争における外債募集などの戦費調達,戦後の景気過熱とその反動の調整,明治末正貨危機の対策など金本位制度の維持に取り組んだ。また職制の整備や大学新卒者の大量採用などにより人事制度の近代化を図った。44年に辞任し貴族院議員に勅選される。日本銀行総裁としては「目立たぬ大総裁」という評価もあるが,当時の世評は,政府からの独立性を喪失させ日本銀行を「大蔵省の分身」に変質させたという厳しいものであった。39年男爵。<参考文献>吉野俊彦『歴代日本銀行総裁論』,『日本銀行史』3巻

(佐藤政則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

松尾臣善の関連キーワード吉野俊彦武士幕末

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android