コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利休色 りきゅういろ

色名がわかる辞典の解説

りきゅういろ【利休色】

色名の一つ。茶人千利休(1522~1591年)が好んだと伝えられるみの茶色。千利休は茶道を大成した人物として知られ、侘茶わびちゃを追求したとされる。茶色系統が流行した江戸時代に登場した色名で、くすんだイメージがあり、緑みがかっているのが特徴。千利休が愛用したかどうかは不明で、お茶の色が緑であることから、緑がかった茶色や鼠色利休好みとしたという説がある。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りきゅう‐いろ〔リキウ‐〕【利休色】

黒みがかった緑色。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

利休色の関連キーワード窪田統泰中国演劇千利休円通寺スレイマンモスク千利休土佐光信騎士戦争フレートナー吉田