コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利休色 りきゅういろ

色名がわかる辞典の解説

りきゅういろ【利休色】

色名の一つ。茶人千利休(1522~1591年)が好んだと伝えられるみの茶色。千利休は茶道を大成した人物として知られ、侘茶わびちゃを追求したとされる。茶色系統が流行した江戸時代に登場した色名で、くすんだイメージがあり、緑みがかっているのが特徴。千利休が愛用したかどうかは不明で、お茶の色が緑であることから、緑がかった茶色や鼠色利休好みとしたという説がある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りきゅう‐いろ〔リキウ‐〕【利休色】

黒みがかった緑色

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

利休色の関連キーワード利休揚げ江戸時代利休鼠伝統色色名

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android