コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利休色(読み)りきゅういろ

色名がわかる辞典の解説

りきゅういろ【利休色】

色名の一つ。茶人千利休(1522~1591年)が好んだと伝えられるみの茶色。千利休は茶道を大成した人物として知られ、侘茶わびちゃを追求したとされる。茶色系統が流行した江戸時代に登場した色名で、くすんだイメージがあり、緑みがかっているのが特徴。千利休が愛用したかどうかは不明で、お茶の色が緑であることから、緑がかった茶色や鼠色利休好みとしたという説がある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android