コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林十江 はやしじっこう

3件 の用語解説(林十江の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林十江
はやしじっこう

[生]安永6(1777).水戸
[没]文化10(1813).9.19. 水戸
江戸時代後期の南画家。水戸の酒造業升屋高野惣兵衛の子,のち伯父の林家の養子となった。名は長羽,通称を長次郎,号は十江。画歴は不明ながら自由奔放で飄逸な水墨画の遺品が多い。立原杏所の最初の師として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林十江 はやし-じっこう

1777-1813 江戸時代後期の画家。
安永6年生まれ。立原翠軒(すいけん)の塾で儒学をまなび,子の立原杏所(きょうしょ)に絵をおしえたという。江戸にでて,谷文晁(ぶんちょう)にみとめられたが病気になり,故郷の常陸(ひたち)水戸にもどった。文化10年9月19日死去。37歳。名は長羽(ちょうう)。字(あざな)は子翼,雲夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

林十江

没年:文化10.9.19(1813.10.12)
生年:安永6(1777)
江戸後期の水戸の南画家。醸造業の家に生まれ,林家の養子となった。水戸藩の儒者立原翠軒に才能を見いだされ,その子杏所に画を教えた。円山四条派の影響を受け,奔放自在で極めて個性的な作品を描いた。近年評価が高い。代表作は「双鰻図」(個人蔵)など。

(小川知二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林十江の関連キーワード宮脇有景宋紫岡内田凌雲小倉東渓木村玉英小浦松園鈴木筌斎泉鉄高島千春村梅岳

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

林十江の関連情報