コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林忠崇 はやし ただたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林忠崇 はやし-ただたか

1848-1941 幕末の大名。
嘉永(かえい)元年7月28日生まれ。林忠旭(ただあきら)の5男。林忠交(ただかた)の養子となり,慶応3年(1867)上総(かずさ)(千葉県)請西(じょうさい)藩主林家3代。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍とたたかい,敗れて降伏し,除封されて東京唐津藩邸に禁固。明治5年釈放され,東宮職員などをつとめた。昭和16年1月22日死去。94歳。通称は昌之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

林忠崇

没年:昭和16.1.22(1941)
生年:嘉永1.7.28(1848.8.26)
幕末の上総請西藩(千葉県)藩主。慶応3(1867)年8月家督相続。王政復古ののち,徳川に殉じる決意を表明。時に20歳。翌明治1(1868)年4月,藩士並びに人見勝太郎,伊庭八郎ら旧幕府遊撃隊を率いて木更津の陣屋を出立。海路を真鶴に上陸し,小田原藩との協同を図るが失敗。5月,箱根に新政府軍および小田原藩兵と交戦し敗北。熱海から館山へ,次いで咸臨丸により奥州小名浜に上陸。奥羽越列藩同盟軍に参軍するが,10月,徳川家の家名存続を知り降伏。所領没収の処分を受け,東京唐津藩邸に禁固された。同5年釈放。のち帰農。旧幕臣を招き上総鹿野山に戊辰戦争戦没者の三十年祭を行う。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はやしただたか【林忠崇】

1848‐1941(嘉永1‐昭和16)
幕末期の上総請西(じようさい)藩主。通称昌之助。1867年(慶応3)20歳で家督を継ぐ。翌年の戊辰戦争に際しては佐幕遊撃隊の人見勝太郎,伊庭八郎らに呼応し,藩兵を率いて上総富津を攻めたり,箱根関所を襲うなどして官軍に抗戦。敗れて東北に走り奥羽同盟軍に加わる。諸藩が降伏したので10月に降伏,東京に護送され唐津藩邸に禁錮の身となる。72年(明治5)に許され,長寿を全うした。【高木 俊輔】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

林忠崇の関連キーワード中垣謙斎関重麿

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android