コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林業労働 りんぎょうろうどう

世界大百科事典 第2版の解説

りんぎょうろうどう【林業労働】

林業労働は造林,伐出などの生産労働が主で,ほかに樹苗養成労働,保護労働,治山工事などの保全労働がある。主として男子労働によるが,苗木の運搬,苗木養成などの軽労働女子労働によることもある。木材の生産だけでなく,シイタケ,ナメコなどのキノコ類の生産,ワラビ,ゼンマイなどの山菜の採取労働についても女子労働の関与する部面は大きい。造林労働は地ごしらえ,植付け,下刈り枝打ち,間伐などに分かれ,機械化は下刈りを除き多くない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

林業労働の関連キーワード林業労働力確保支援センターバリクパパンチェンチュ族フィンランド木材自給率林業労働者林野三法賃金統計振動障害藤林 誠木こり藤林誠山村藤橋栗山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android