コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白蝋病 はくろうびょうwhite finger disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白蝋病
はくろうびょう
white finger disease

振動病ともいう。チェーンソーなどの振動工具長期間使用して生じる局所振動障害。血管運動障害によって手指が発作的に蒼白となり,しびれや痛みを伴う (レイノー症状) 。重症のときは患部壊死に陥る。寒冷地の山林労働者に多発する職業病の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はくろう‐びょう〔ハクラフビヤウ〕【白×蝋病】

チェーンソー・鋲(びょう)打ち機などを長期間使用する場合にみられる職業病。工具の振動が手に血行障害をもたらして指が白くなり、しびれ・痛みや知覚異常がみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

白蝋病【はくろうびょう】

山林労働者でチェーンソーを使用する者に起こる職業病。一般に振動工具を長期使用すると,血管運動神経障害により,四肢の間欠的な蒼白(そうはく),チアノーゼ,しびれ,疼痛(とうつう)を起こすが,これが進行し手首,肘(ひじ),肩の関節障害,筋肉痛が起こり,手の感覚も鈍麻するようになったもの。
→関連項目振動公害チェーンソー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白蝋病
はくろうびょう

局所的振動障害で、職業病の一つ。チェーンソー、削岩機、鋲(びょう)打機など振動を手や腕に伝える手持ち動力工具を、長期間使用することにより生ずる局所の循環障害による疾患である。チェーンソーが国有林に導入されたのは1955年(昭和30)ごろであるが、62年ごろになって木曽谷(きそだに)の国有林労働者の間に指がしびれ、寒くなると白蝋状になる症状が訴えられ始め、白蝋病とよばれるようになった。欧米では振動による白指vibration induced white finger(VIWF)などといい、医学的には振動障害あるいは振動病とよばれるものに相当する。
 症状としては、手足の指の皮膚色調が間欠的に変化し、蒼白(そうはく)、チアノーゼ、紅潮を呈するとともに、しびれや疼痛(とうつう)を訴える(レイノー現象)ほか、知覚異常があり、進行すると皮膚の硬化、爪(つめ)の変形、筋萎縮(いしゅく)、骨関節障害がみられる。原因はまだ不明であるが、振動による血行障害、末梢(まっしょう)神経障害、自律神経障害、骨関節障害などが考えられている。
 治療としては、振動工具の使用を中止するとともに、増悪因子である寒冷刺激にさらされないように注意する。また、温浴療法などの物理療法のほか、薬物療法として血管拡張剤、鎮静剤、向神経性ビタミン剤などが使用される。[木村和文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

白蝋病の関連キーワード伐採機振動病

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android