コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林業税制 りんぎょうぜいせい

1件 の用語解説(林業税制の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りんぎょうぜいせい【林業税制】

林業に関する税金の種類には,国税として所得税,法人税,相続税,贈与税,登録免許税,印紙税が,地方税として道府県民税,事業税,不動産取得税市町村民税固定資産税特別土地保有税事業所税,電気税,木材引取税軽油引取税があるが,森林の公共性,林業生産の長期性,低収益性などの特殊性にもとづき,各種の措置が講じられている。そのおもなものを以下に述べる。 所得税は山林(立木)を伐採しまたは譲渡(立木処分)したことによって生じた所得に課税され,税額は〈分離五分五乗課税方法〉という特別の方法によって算定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

林業税制の関連キーワード還付加算金国税国税徴収法租税目的税血税税金法人住民税所得課税森林・林業基本計画

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone