コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しちQi

翻訳|Qi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しち
Qi

中国,文体の一種。押韻した文で,全体が8段から成り,そのうち7つの問答を含むのでこの名がある。内容は人の重んずべき道を説くのを目的としたものが多い。『楚辞』の『七諫』をその源流とし,題名もこれにならってすべて「七」の字で始る2字から成る。前漢の枚乗 (ばいじょう) の『七発』,六朝時代魏の曹植の『七啓』,晋の張協の『七命』などが有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しち【七】

数の名。6の次、8の前の数。なな。ななつ。
7番目。第7。
[補説]金銭証書などで間違いを防ぐため「漆」を用いることがある。

しち【七】[漢字項目]

[音]シチ(呉) シツ(漢) [訓]なな ななつ なの
学習漢字]1年
〈シチ〉
数の名。ななつ。「七賢七曜七雄七福神
七番目。「七月七夜
ななたび。「七生(しちしょう)
〈シツ〉ななつ。「七珍七宝(しっぽう)
〈なな〉「七重(ななえ)七草
〈なの〉「七日(なのか)
[名のり]かず・な
[難読]七五三縄(しめなわ)七夕(たなばた)七十(ななそ・ななそじ)七日(なぬか)

しつ【七】[漢字項目]

しち

チー【七】

《〈中国語〉》数の7。七つ

な【七】

ななつ。なな。しち。物の数を声に出して数えるときに用い、「なあ」となることが多い。「いつ、む、、や」

なな【七】

しち。ななつ。声に出して数をかぞえるときなどに用いる。「いつ、む、、や」「曲がり」「転び八起き」
[補説]「いち(一)」との聞き違えを避けて「しち(七)」を「なな」で言い換えることが多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しち【七】

数の名。六より一つ多い数。な。なな。ななつ。 〔大字として「漆」の字を用いる〕

チー【七】

〔中国語〕
しち。なな。

な【七】

なな。ななつ。数を数えるときに用いる。 「い、む、-、や」

なな【七】

しち。ななつ。数を数えるときに使う。 「いつ、む、-、や」
しち。名詞の上に付けて、複合語を作る。 「 -度たび」 「 -転び八起き」 「 -不思議」 「 -草」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

七の関連キーワード戦国七雄(せんごくのしちゆう)セプトゥアギンタリベラル・アーツ七転び八起き世界七不思議山王二十一社仏足石歌体十七条憲法七仏通戒偈憲法十七条ヘプタゴン伊勢屋道七七三分け藤原殖子正木宗七七里役所神代七代かんてき京の七口航空憲法

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七の関連情報