コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枝垂れ柳 シダレヤナギ

デジタル大辞泉の解説

しだれ‐やなぎ【枝垂れ柳】

ヤナギ科の落葉高木。枝は垂れ下がり、細長い葉をつける。雌雄異株早春黄緑色の花を穂状につける。日本には古代に中国から渡来。垂楊(すいよう)。糸柳。しだりやなぎ。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しだれやなぎ【枝垂れ柳】

ヤナギ科の落葉高木。中国原産。街路樹・庭園樹として広く植えられる。枝は細長く下垂し、広線形の葉を互生。雌雄異株。早春、黄緑色の花穂を葉腋につける。種子には白い綿毛がある。普通ヤナギというと本種をさす。糸柳。シダリヤナギ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

枝垂れ柳の関連キーワードヤナギ科垂り柳街路樹種子互生花穂葉腋

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android