コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柱体 チュウタイ

3件 の用語解説(柱体の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐たい【柱体】

平行な二つの平面と柱面とで囲まれた立体。角柱・円柱など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうたい【柱体 cylinder】

平面上の図形Fの各点を一端として,一定の長さと方向をもった線分をこの平面の一方の側につくるとき,これらの線分によってできる図形を柱といい,Fを底,各線分を母線という(図)。各母線のもう一つの端点はFののっている平面と平行な一つの平面上にあって,Fと合同な図形F′を描くが,F′も底と呼ぶ。とくに立体となる柱を柱体という。柱体の底をふつう底面といい,二つの底面間の距離を高さという。柱体の体積は(底面の面積)×(高さ)で与えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうたい【柱体】

円柱や角柱の総称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柱体の関連情報