コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柵原鉱山 やなはらこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柵原鉱山
やなはらこうざん

岡山県美咲町柵原にあった硫化鉄鉱山。 1916年藤田組 (1945同和鉱業に社名変更) が買収して開発を進め,日本最大の硫化鉄鉱山となった。鉱床古生代粘板岩,輝緑岩,ケイ長岩類を母岩とする塊状鉱床で,充填式上向き階段掘り,トップスライシング法,サブレベル法などによる坑内採掘露天掘りを行なっていた。しかし 1960年代後半以降生産量が減少し 1991年閉山。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やなはらこうざん【柵原鉱山】

岡山県中東部,久米郡柵原町にある硫化鉄の鉱山。慶長年間(1596‐1615)に鉱床上部の褐鉄鉱の露頭が発見されたと伝えられるが,本格的な開発は明治に入ってからであり,はじめは褐鉄鉱の鉱山としてであった。その後,周辺部や下部の鉱床が発見され,1916年から藤田組(現,同和鉱業)によって大規模な採掘が始まった。とくに第2次大戦後は,硫酸増産のため隆盛を極め,月産7万tの大鉱山となった。しかし,その生産も91年に停止した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柵原鉱山
やなはらこうざん

岡山県中東部、旧柵原町(現美咲(みさき)町)にあった硫化鉄鉱山。1882年(明治15)に鉱床が発見され、翌年採掘開始。1916年(大正5)藤田組が経営に着手、のち同和鉱業の所有となり、東洋一の硫化鉄鉱鉱山となった。最盛時には全国総生産の4分の1を占めたが、1966年を頂点に生産高は減少し、1991年閉山した。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

柵原鉱山の関連キーワード岡山県久米郡美咲町堀田 連太郎美咲(町)モーソン鉱柵原[町]備前市片上

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android