柵原鉱山(読み)やなはらこうざん

改訂新版 世界大百科事典 「柵原鉱山」の意味・わかりやすい解説

柵原鉱山 (やなはらこうざん)

岡山県中東部,久米郡美咲町の旧柵原町にあった硫化鉄鉱山。慶長年間(1596-1615)に鉱床上部の褐鉄鉱の露頭が発見されたと伝えられるが,本格的な開発は明治に入ってからであり,はじめは褐鉄鉱の鉱山としてであった。その後,周辺部や下部の鉱床が発見され,1916年から藤田組(現,同和鉱業)によって大規模な採掘が始まった。とくに第2次大戦後は,硫酸増産のため隆盛を極め,月産7万tの大鉱山となった。しかし,その生産も91年に停止(閉山)した。鉱量の低下と硫黄価格の低下によるものである。現在は卯根倉鉱業が坑内から湧出する強酸性の鉱廃水の処理を行っている。また,きわめてわずかではあるが,この鉱廃水を利用して沈降剤や脱臭剤を作り,また廃水処理の過程で発生する酸化鉄を回収して,べんがらを製造している。鉱床の成因については多くの議論がある。二畳紀の粘板岩と三畳紀,白亜紀の輝緑岩石英セン緑岩の境界部にレンズ状,塊状の硫化鉄の鉱床が胚胎し,最大の下部鉱体は3300万tの鉱量を有した。一次採掘にサブレベル採掘法を,二次採掘に充てん採掘法などを適用した。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「柵原鉱山」の意味・わかりやすい解説

柵原鉱山
やなはらこうざん

岡山県美咲町の柵原にあった硫化鉄鉱山。 1916年藤田組 (1945同和鉱業に社名変更) が買収して開発を進め,日本最大の硫化鉄鉱山となった。鉱床は古生代の粘板岩,輝緑岩,ケイ長岩類を母岩とする塊状鉱床で,充填式上向き階段掘り,トップスライシング法,サブレベル法などによる坑内採掘露天掘りを行なっていた。しかし 1960年代後半以降生産量が減少し 1991年閉山。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「柵原鉱山」の意味・わかりやすい解説

柵原鉱山
やなはらこうざん

岡山県中東部、旧柵原町(現、美咲(みさき)町)にあった硫化鉄鉱山。1882年(明治15)に鉱床が発見され、翌年採掘開始。1916年(大正5)藤田組が経営着手、のち同和鉱業の所有となり、東洋一の硫化鉄鉱鉱山となった。最盛時には全国総生産の4分の1を占めたが、1966年を頂点生産高は減少し、1991年閉山した。

[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android