コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柵原 やなはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柵原
やなはら

岡山県中部,美咲町東部の旧町域。吉井川中流域にある。 1955年飯岡 (ゆうか) 村,南和気村,北和気村,吉岡村の4村が合体して町制。 2005年中央町,町と合体して美咲町となった。かつては高品位の硫化鉄鉱床をもつ柵原鉱山があり,鉱山町として発展。明治年間に鉱床が発見され,1916年藤田組 (1945同和鉱業に社名変更) により採掘開始。片上港 (→片上 ) から関西,九州方面の硫酸工場へ送られていたが 1960年代後半頃から生産量が減少,1991年に閉山した。鉱山の歴史や暮らしを再現した資料館や,片上鉄道の車両が動態保存されている吉ヶ原駅跡には 1998年柵原ふれあい鉱山公園がつくられた。南部の飯岡は川船の船頭集落として発達した地区。月の輪古墳,国の重要文化財の本堂などをもつ本山寺がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柵原
やなはら

岡山県中東部、久米(くめ)郡にあった旧町名(柵原町(ちょう))。現在は美咲(みさき)町の東部を占める地域。かつては日本最大の硫化鉄鉱山の町として知られた。旧柵原町は、1955年(昭和30)久米郡吉岡村と勝田(かつた)郡北和気(きたわけ)、南和気、飯岡(ゆうか)の3村が合併して成立。2005年(平成17)久米郡中央、旭(あさひ)の2町と合併、美咲町となった。鉱山会社経営の片上(かたかみ)鉄道が通じていたが、1991年(平成3)廃止された。町域の大部分は吉備(きび)高原上にあり、高原を深く下刻する吉井川と支流吉野川が町の南端で合流する。集落は高原、山腹上と谷間に点在し、主要集落の久木(ひさぎ)、藤原、吉ヶ原(きちがはら)などは谷間に立地する。農林業、観光業に力を入れている。また鉱業不振の対策として企業誘致が進められている。飯岡の月の輪古墳は県指定史跡、定宗(さだむね)の本山寺(ほんざんじ)本堂や三重塔は国指定重要文化財。[由比浜省吾]
『『柵原町史』(1987・柵原町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

柵原の関連キーワード岡山県久米郡美咲町吉ケ原岡山県久米郡美咲町中央(岡山県)堀田 連太郎旭(岡山県)堀田連太郎美咲(町)モーソン鉱吉井[町]柵原[町]美咲[町]青山 秀夫岡山(県)中央[町]平賀元義吉備高原備前市褐錫鉱

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android