コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根切虫 ねきりむしcutworm

翻訳|cutworm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根切虫
ねきりむし
cutworm

タマナヤガ,カブラヤガなどヤガ科の幼虫ヒメコガネスジコガネなどコガネムシ科の幼虫は地中に生息し,各種植物の茎や根を食害する性質があるため,これらを俗に根切虫という。ヤガ科の幼虫では夜間地上に現れ,茎や葉を食害するものもあるが,これらはヨトウムシまたはヤトウムシ (夜盗虫) という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねきりむし【根切虫】

鱗翅目ヤガ科のカブラヤガの幼虫の俗称。幼虫は地表に潜み,夜間に各種の草本の葉を食べるが,しばしば植物の苗を根ぎわでかみ切って枯死させるため,とくに園芸害虫としてきらわれる。【杉 繁郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ねきりむし【根切虫】

チョウ目ヤガ科またはコウチュウ目コガネムシ科の幼虫のうち、農作物・花・苗木などの根を食う害虫の総称。カブラヤガ・タマナヤガ・スジコガネ・コフキコガネなどの幼虫。 [季] 夏。 → 地虫じむし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

根切虫 (ネキリムシ)

動物。栽培植物の根際を食い枯らす害虫の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の根切虫の言及

【ガ(蛾)】より

…ニカメイガの幼虫はズイムシあるいはメイチュウと呼ばれ,日本で稲作の大害虫である。(3)土中に潜んでいて葉や茎を食べるもの いわゆる根切虫と呼ばれるもので,タマナヤガ,カブラヤガ,ヨトウガなどは,花卉,野菜の害虫である。(4)花芽やつぼみをおもに食べるもの ナシマダラメイガ(ナシ),エゾギクトリバ(エゾギク,キンレイカ,ダリアその他),ベニモンアオリンガ(ツツジ)。…

【カブラヤガ(蕪夜蛾)】より

…幼虫は昼間は地表に潜み,夜間低い植物上に上って葉を食べる。このガの幼虫がネキリムシ(根切虫)と呼ばれるのは,草花や作物の苗の根際に加害切断して茎を倒す習性があるためである。分布は広く,ユーラシア大陸一円にわたり,日本でも琉球諸島以外ではふつうに見られる。…

【コガネムシ(黄金虫∥金亀子)】より

…食糞群は動物の糞の分解者(清掃者)として役だっているが,食葉群の成虫には葉や花を食べ,幼虫には根を食べるものが多いことから,農林業上の,あるいは果樹園芸,花卉園芸上の害虫として知られる。幼虫はジムシ,根切虫とも呼ばれる。成虫,幼虫が害虫としてよく知られる種類として,アシナガコガネ,ビロードコガネ(イラスト)類,クロコガネ,マメコガネ,スジコガネ(イラスト),ドウガネブイブイ,ヒメコガネ,セマダラコガネ,コアオハナムグリなどがあげられる。…

※「根切虫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

根切虫の関連キーワードカブラヤガ(蕪夜蛾)メチルブロマイド動物地虫

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android