コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根頭癌腫病 こんとうがんしゅびょう

2件 の用語解説(根頭癌腫病の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

根頭癌腫病【こんとうがんしゅびょう】

植物病原細菌アグロバクテリウム・チュメファシエンスによって引き起こされる植物病。多くの樹木や草本植物の根あるいは茎の地ぎわ部にこぶを生じる。病原細菌は土壌中に生息し,根や茎の傷口から侵入して細胞壁に接着した後,菌体内のプラスミドTiプラスミド)上にある転移DNA領域(T-DNA)を植物細胞内に移行させ,植物の染色体DNAに組み込ませる。
→関連項目植物細菌病

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こんとうがんしゅびょう【根頭癌腫病 crown gall】

土壌中に生息する細菌の1種Agrobacterium tumefaciensによって起こる植物のこぶ病の一つ。カキ,ブドウ,モモ,リンゴ,ナシ,クリなどの果樹,バラ,樹木など多種の植物を侵し,世界中で発生する。こぶ(癌腫)は初め白色で軟らかいが,古くなると暗褐色で硬く表面には細かいしわができ,不定形で径数cmからこぶし大となる。病名が示すように幹の地際部や根にできることが多い。こぶは転移して広がり,植物を衰弱させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone