コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖林寺 しょうりんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖林寺
しょうりんじ

奈良県桜井市にある真言宗系単立寺院。本尊延命地蔵。開山については明らかでないが,藤原鎌足の子定恵が一時庵を結んだと伝えられている。鎌倉時代に中興開山の性亮玄心が三輪にあった平等院遍照院をこの地に移して霊園山遍照院と称したといわれる。奈良時代乾漆十一面観音立像』 (国宝) は,大神神社神宮寺である大御輪寺に所蔵されていたが,明治の廃仏毀釈の際,聖林寺に移された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうりん‐じ〔シヤウリン‐〕【聖林寺】

奈良県桜井市にある真言宗の寺。山号は霊園山。和銅5年(712)藤原鎌足の子定慧(じょうえ)が創建、建久年間(1190~1199)再興と伝える。元禄年間(1688~1704)に文春が子安延命地蔵菩薩(ぼさつ)を安置、その霊験により有名になる。十一面観音像は国宝。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

聖林寺【しょうりんじ】

奈良県桜井市にある真言宗の寺。本尊は石造延命地蔵。12世紀末慶円が開創という。国宝の十一面観音立像は,もと大神神社の神宮寺に安置されていたものを明治時代に移したもので,天平末期の乾漆像の傑作。
→関連項目十一面観音

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しょうりんじ【聖林寺】

奈良県桜井市にある真言宗の寺。山号、霊園山。藤原鎌足の長子定彗の開基。寺宝の十一面観音像(国宝)は、明治維新時の神仏分離により大神おおみわ神社の神宮寺から遷座されたもので、天平乾漆仏像中の秀作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聖林寺
しょうりんじ

奈良県桜井市にある真言(しんごん)宗の寺。霊園山(りょうおんざん)遍照院(へんしょういん)と号する。藤原鎌足(かまたり)の長子定慧(じょうえ)が712年(和銅5)建立したが、1173年(承安3)兵火にあって本尊薬師如来(やくしにょらい)とともに焼亡。寺伝では、建久(けんきゅう)年間(1190~99)大神(おおみわ)神社神護寺である平等寺の慶円(こうえん)が阿弥陀(あみだ)三尊を本尊として再興したという。江戸初期より三輪(みわ)山(大神神社)長老の隠棲(いんせい)寺となる。元禄(げんろく)年間(1688~1704)文春諦玄(たいげん)が自刻の丈六子安延命地蔵(こやすえんめいじぞう)石像を本尊として安置するに及び、子授け安産の霊験(れいげん)をもって有名となった。また、乾漆十一面観音(かんのん)立像(国宝、奈良時代)は端正な尊像として名高い。この像は元は大神神社神宮寺(大御輪(おおみわ)寺)に安置されていたもので、明治維新の神仏分離の際、この寺に遷座したもの。ほかに室町時代の春日曼荼羅(かすがまんだら)ほか多くの仏像・仏画を蔵する。[里道徳雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の聖林寺の言及

【桜井[市]】より

…桜井は古代の磐余(いわれ)の地で,崇峻・舒明両天皇陵,歴代の天皇の宮跡,古代の市として有名な金屋の海柘榴市(つばいち)など,古代の史跡が多い。また端整な三輪山(467m)を神体とする大神(おおみわ)神社,中世以来初瀬(長谷)詣で有名な長谷寺,〈知恵の文殊さん〉として親しまれている安倍寺,藤原鎌足を祭神とする談山神社,国宝の十一面観音立像で有名な聖林(しようりん)寺などの由緒ある寺社も多い。【橋本 征治】。…

※「聖林寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

聖林寺の関連キーワード奈良県桜井市桜井(市)神仏分離天平彫刻秀作開基寺宝

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖林寺の関連情報