コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

纏向遺跡 まきむくいせき

百科事典マイペディアの解説

纏向遺跡【まきむくいせき】

奈良県桜井市の奈良盆地に広がる3―4世紀の集落遺跡。三つの居住域と祭祀域からなる。1万枚と推定される数の護岸用矢板が打ち込まれた大溝,大規模で規格性をもった掘立柱建物,出現期の前方後円墳として注目される纏向石塚などが発掘されている。石塚には溝がめぐり,ここから特殊な文様をもつ円盤状の木製祭具が出土した。また,出土する土器も東海・山陰・山陽など各地から運ばれたものが多く,この地に物質や人が盛んに集められた様子がわかる。遺跡の範囲には,全長100m前後の前方後円墳や箸墓古墳があることから,初期大和政権の中心地とみられている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まきむくいせき【纏向遺跡】

奈良県桜井市太田,辻,東田にあり,初瀬川の支流である巻向川が形成した扇状地上に立地した古墳時代の大規模な集落。1971年以来の発掘調査によって,西に位置した東田地区からは土器や木器の入った40基近い土壙,掘立柱建物跡,溝などが見つかり,飛鳥・奈良時代河道からは銅鐸の飾耳片も出土した。東にある辻地区には幅5m,深さ1mの人工の溝が2条あって途中で合流し,そこに井堰が設けられていた。矢板を打ち込んで護岸した部分や,集水マスを作った所もあり,溝からは古墳時代初頭の土器が多量に出土している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

纏向遺跡
まきむくいせき

奈良県桜井市太田ほかにある古墳時代前期を中心とする集落遺跡。国指定史跡。隣接して箸墓(はしはか)古墳や渋谷向山(しぶたにむかいやま)古墳(景行(けいこう)陵)がある。1971年(昭和46)以降橿原(かしはら)考古学研究所が調査を行い、東西2.5キロメートル、南北2キロメートルの範囲内に一つの水系によって結ばれた6か所の居住地と古墳群が存在することを確かめた。
 居住地縁辺には多くの土坑と直線的水路がある。土坑の底は湧水(ゆうすい)層に達しており、その中から、農耕儀礼に使用したと思われる土器、機織(はたおり)具、箕(み)、焼木、多量の籾殻(もみがら)などが出土した。水路や土坑から出土した土器によって古墳時代前期を纏向一式~四式期に編年したが、そのなかには東海東部・西部、北陸、山陰、大阪湾岸、瀬戸内中部・西部、九州などの他地域のものが30%近くあり、各地域との多様な交流を示している。
 纏向石塚古墳は一つの居住地の縁辺部にある纏向一式期の全長96メートルの前方後円墳である。周濠(しゅうごう)内から土器とともに鶏(にわとり)形木製品や直弧文(ちょっこもん)の祖形と考えられる弧文円板が出土しており、初期ヤマト政権の葬送儀礼の系譜を検討しうる資料として重視されている。[石野博信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

纏向遺跡の関連キーワード奈良県桜井市太田奈良県桜井市卑弥呼

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android