コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅屋庄吉

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

梅屋庄吉

長崎市生まれ。孫文(1866~1925)の革命思想に共鳴し、「君は兵を挙げたまえ、我はを挙げて支援す」と盟約を結んだ。日活前身の日本活動写真株式会社の創設者の一人で、映画興行で財を成した。現在の貨幣価値で1兆円以上とも言われる資金を提供して辛亥革命を支援した。

(2013-06-18 朝日新聞 朝刊 長崎 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅屋庄吉 うめや-しょうきち

1869*-1934 明治-昭和時代前期の実業家。
明治元年11月26日生まれ。シンガポールでフランスのパテー社の映画を購入,Mパテー商会を設立して全国で興行。南極探検白瀬矗(のぶ)の記録映画を製作。のち日本活動写真(日活)の創立に参加。また中国革命と孫文の亡命をたすけた。昭和9年11月22日死去。67歳。長崎出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

梅屋庄吉

没年:昭和9(1934)
生年:明治1(1868)
明治大正期の映画企業家。長崎生まれ。若いころ香港で写真館を経営,のちシンガポールでフランスのパテー会社のフィルムを購入して帰国。のち映画会社Mパテー商会を設立,明治39(1906)年より映画興行や製作に乗り出す。白瀬中尉の南極探検(1910)には撮影班を派遣し,貴重な記録映画を製作した。当時は日本映画の揺籃期で吉沢商店,横田商会,福宝堂などが製作興行を行っていたが,明治末期の不況から梅屋は3社を説きMパテーと合同,大正1(1912)年日本活動写真株式会社(日活)の創立に成功した。以後映画界から遠のくが,草創期の映画事業家横田永之助,河浦謙一らと共に忘れられぬ存在である。<参考文献>田中純一郎『日本映画発達史Ⅰ』

(長崎一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

梅屋庄吉の関連キーワード市川 海老十郎田中純一郎長崎市実業家

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梅屋庄吉の関連情報