コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梵学津梁 ぼんがくしんりょう

2件 の用語解説(梵学津梁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梵学津梁
ぼんがくしんりょう

江戸時代の僧飲光 (おんこう) によって編集されたサンスクリット語学書。約 1000巻。明和3 (1766) 年頃成立と推定される。当時入手しうるかぎりのサンスクリット語写本を集め,7部門に分けている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梵学津梁
ぼんがくしんりょう

仏教書。1000巻。慈雲尊者飲光(じうんそんじゃおんこう)(1718―1804)の編述になる。わが国に所伝、保存され、書写・研究されてきたサンスクリット語に関する資料を収集・類別した一大叢書(そうしょ)。総目録は、本詮(ほんせん)、末詮、通詮、別詮、略詮、広詮、雑詮に7分される。第一の本詮にはサンスクリット文の遺策、弘法大師(こうぼうだいし)将来42巻、法隆寺、清凉(せいりょう)寺、高貴寺などに所蔵される貝葉(ばいよう)(貝多羅葉(ばいたらよう))九葉を集めてある。第二の末詮には、七仏名、法身偈(ほっしんげ)などの、名号・偈頌(げじゅ)などの諸訳互証の文など97巻を収める。第三の通詮には『梵字悉曇(しったん)章』『悉曇字記』など、サンスクリット学の書物85巻を収める。第四の別詮には『千字文』『梵語雑名』『唐梵文字』など字書類を含む。第五の略詮は摩多(母音)・体文(子音)にわたる各種サンスクリット名とその訳注で125巻よりなる。第六の広詮では、仏・法・僧すべてのサンスクリット名、第七の雑詮には以上の補遺、サンスクリット語学の書が集められている。原本は大阪府の高貴寺に現存しているが、全体は未開版。『慈雲尊者全集』(1975・思文閣)第9巻の下に目録が掲げられている。[金岡秀友]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梵学津梁の関連キーワード飲光温厚十善法語恩降イオン格子慈雲(2)峻山祥蘂諦濡霊曜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone