コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森田たま もりた たま

美術人名辞典の解説

森田たま

随筆家。札幌市生。札幌高女中退。明治44年上京、森田草平に師事、『片瀬まで』を発表。結婚し一時筆を絶つが、昭和7年『着物・好色』の成功以来随筆家として立つ。日本エッセイスト・クラブ賞受賞。代表作に『もめん随筆』、小説『石狩少女』等がある。昭和45年(1970)歿、75才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

森田たま【もりたたま】

随筆家。北海道生れ。札幌高女中退。初め森田草平に師事し,小説を発表したが,結婚で一時筆を断つ。1932年,草平の推薦で随筆《着物・好色》を《中央公論》に掲載し文壇に復帰。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森田たま もりた-たま

1894-1970 大正-昭和時代の随筆家。
明治27年12月19日生まれ。大正2年森田草平に師事し,短編「片瀬まで」「うはさ」などを発表。森田七郎と結婚後は筆をたったが,昭和7年随筆家として再出発。11年「もめん随筆」がベストセラーとなった。37年参議院議員(自民党)。昭和45年10月31日死去。75歳。北海道出身。札幌高女中退。旧姓は村岡。
【格言など】私はこれから未知の国へまいりますが,そこでの新しい経験を皆様にお伝えできないのが残念です(会葬礼状)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森田たま
もりたたま

[生]1894.12.19. 札幌
[没]1970.10.31. 東京
女流随筆家。森田草平に師事し『片瀬まで』 (1913) などの小説を書き,結婚のため中断後,随筆『着物・好色』 (32) ,『もめん随筆』 (36) ,『随筆歳時記』 (40) などを相次いで発表。第2次世界大戦後も旺盛な筆力で随筆を書く一方,1962~68年自民党参議院議員をつとめた。ほかに小説『石狩少女』 (40) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

森田たまの関連キーワードリボンを結ぶ夫人美空 ひばり12月19日深沢 索一斎藤 輝子森田 たま杉村 春子昭和時代素木しづ少女の友森英恵

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android