コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森田たま もりた たま

4件 の用語解説(森田たまの意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

森田たま

随筆家。札幌市生。札幌高女中退。明治44年上京、森田草平に師事、『片瀬まで』を発表。結婚し一時筆を絶つが、昭和7年『着物・好色』の成功以来随筆家として立つ。日本エッセイスト・クラブ賞受賞。代表作に『もめん随筆』、小説『石狩少女』等がある。昭和45年(1970)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

森田たま【もりたたま】

随筆家。北海道生れ。札幌高女中退。初め森田草平に師事し,小説を発表したが,結婚で一時筆を断つ。1932年,草平の推薦で随筆《着物・好色》を《中央公論》に掲載し文壇に復帰。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森田たま もりた-たま

1894-1970 大正-昭和時代の随筆家。
明治27年12月19日生まれ。大正2年森田草平に師事し,短編「片瀬まで」「うはさ」などを発表。森田七郎と結婚後は筆をたったが,昭和7年随筆家として再出発。11年「もめん随筆」がベストセラーとなった。37年参議院議員(自民党)。昭和45年10月31日死去。75歳。北海道出身。札幌高女中退。旧姓は村岡。
【格言など】私はこれから未知の国へまいりますが,そこでの新しい経験を皆様にお伝えできないのが残念です(会葬礼状)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森田たま
もりたたま

[生]1894.12.19. 札幌
[没]1970.10.31. 東京
女流随筆家。森田草平に師事し『片瀬まで』 (1913) などの小説を書き,結婚のため中断後,随筆『着物・好色』 (32) ,『もめん随筆』 (36) ,『随筆歳時記』 (40) などを相次いで発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森田たまの関連キーワード本山荻舟福原麟太郎太田黒克彦小林勇佐藤垢石島崎静子武田百合子永井彰一郎三浦アンナ宮田文子

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森田たまの関連情報