コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片瀬 カタセ

6件 の用語解説(片瀬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かたせ【片瀬】

神奈川県藤沢市の地名。江の島の対岸にある。海水浴場、竜口寺がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

片瀬【かたせ】

神奈川県藤沢市,片瀬川河口付近地区。小田急江ノ島線の終点で江ノ島電鉄湘南モノレールも通じ,景勝地の江の島への入口に当たる。片瀬海岸湘南地方の代表的な海水浴場。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かたせ【片瀬】

神奈川県藤沢市南部の地区。対岸に江島がある。海水浴場。竜口りゆうこう寺がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕片瀬(かたせ)


神奈川県藤沢市、境(さかい)川河口の地区。
江の島を前に望み、湘南を代表する海水浴場として有名な片瀬海岸がある。新江ノ島水族館湘南海岸公園などがあり、行楽客でにぎわう。

〔神奈川県〕片瀬(かたせ)


神奈川県藤沢(ふじさわ)市、境(さかい)川河口の地区。片瀬海岸は湘南(しょうなん)を代表する海水浴場として有名。対岸に江()の島がある。水族館・海の動物園・マリンランドなどのレジャー施設があり、江の島とともに行楽客でにぎわう。日蓮(にちれん)ゆかりの龍口(りゅうこう)寺がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

片瀬
かたせ

神奈川県藤沢市南東部、江の島の対岸にある地区。旧片瀬町。湘南(しょうなん)第一の臨海観光地、全国有数の海水浴場。近年はサーフィンも盛んである。小田急電鉄江ノ島線の終点片瀬江ノ島駅から江ノ島電鉄江ノ島駅にわたる一帯。海岸は県立湘南海岸公園に含まれ、新江ノ島水族館(1954年開館の江の島水族館が2004年にリニューアルオープンした)、ホテルなどが並び、「東洋のマイアミビーチ」といわれる。地形上は湘南海岸砂丘帯の東端にあたり、沿岸では東流する潮流が強いため、片瀬川(境川)河口部に砂州ができ、さらに江の島へ向かって砂州が発達し、江の島は陸繋島(りくけいとう)をなしている(かつては干潮時に江の島へは徒歩で往復、現在は橋で結ばれている)。鎌倉開府後、鎌倉―大磯(おおいそ)間の要駅、鎌倉防衛の要地とされ、毎年鎌倉四境祭が行われ、地名にも「固瀬(かたせ)」の字があてられていた。また腰越(こしごえ)とともに鎌倉西部の刑場の一つの竜口(たつのくち)があり、1275年(建治1)には元使(げんし)がここで首をはねられたことでも有名。竜口寺(りゅうこうじ)がある。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片瀬の関連キーワード藤沢桓夫藤沢市藤沢小田急百貨店 藤沢店さいか屋 藤沢店ルミネ藤沢藤沢清造藤沢友吉(初代)藤沢友吉(2代)藤沢朋斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

片瀬の関連情報