コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森荘已池 モリソウイチ

デジタル大辞泉の解説

もり‐そういち〔‐サウイチ〕【森荘已池】

[1907~1999]小説家詩人。岩手の生まれ。本名、佐一(さいち)。農民詩が高く評価され、宮沢賢治との親交でも知られる。特に賢治の没後作品の紹介に尽力した。清潔な作風で東北を舞台にした作品を執筆。「山畠(やまばたけ)」「蛾と笹舟」で直木賞受賞。他に「店頭(みせさき)」「氷柱(つらら)」、詩集山村食料記録」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森荘已池 もり-そういち

1907-1999 昭和時代の詩人,小説家。
明治40年5月3日生まれ。「岩手日報」の記者や「こども新聞」編集長をへて文筆活動にはいる。草野心平の「銅鑼」に参加。昭和19年「山畠」「蛾と笹舟」で直木賞。盛岡中学時代から11歳上の宮沢賢治と親交をむすび,「宮沢賢治歌集」「宮沢賢治と三人の女性」などの著作をのこした。平成11年3月13日死去。91歳。岩手県出身。東京外大中退。本名は佐一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

森荘已池の関連キーワード昭和時代つらら店頭氷柱

森荘已池の関連情報