コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森荘已池 モリソウイチ

2件 の用語解説(森荘已池の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もり‐そういち〔‐サウイチ〕【森荘已池】

[1907~1999]小説家・詩人。岩手の生まれ。本名、佐一(さいち)。農民詩が高く評価され、宮沢賢治との親交でも知られる。特に賢治の没後は作品の紹介に尽力した。清潔な作風で東北を舞台にした作品を執筆。「山畠(やまばたけ)」「蛾と笹舟」で直木賞受賞。他に「店頭(みせさき)」「氷柱(つらら)」、詩集「山村食料記録」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森荘已池 もり-そういち

1907-1999 昭和時代の詩人,小説家。
明治40年5月3日生まれ。「岩手日報」の記者や「こども新聞」編集長をへて文筆活動にはいる。草野心平の「銅鑼」に参加。昭和19年「山畠」「蛾と笹舟」で直木賞。盛岡中学時代から11歳上の宮沢賢治と親交をむすび,「宮沢賢治歌集」「宮沢賢治と三人の女性」などの著作をのこした。平成11年3月13日死去。91歳。岩手県出身。東京外大中退。本名は佐一。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

森荘已池の関連キーワード富士正晴北の詩人安藤一郎緒方昇菊岡久利木下常太郎島崎曙海城左門三野混沌森三千代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone